2021/7/8(木):無料ウェビナー開催!『サステナビリティ× 顧客接点×在庫』3年先を見据えた小売DX戦略2021/5/24

サステナビリティは現在、高校の授業でも取り上げられるほど、社会の関心が高いテーマになっています。
こうした若者たちの消費者としての存在感が数年後に大きくなることを考えると、小売企業がDXによってサステナビリティにどう取り組むべきかは喫緊の課題と言って良いでしょう。実際、自動車産業は既にサプライチェーン全体でサステナビリティ対応に取り組んでいます。

本ウェビナーでは、リテール企業のDXを推進するエスキュービズムと在庫DXクラウドのフルカイテンが、競争が激化する市場で小売企業が生き残るためのDX戦略について方向性を指し示します。

セミナータイトル 『サステナビリティ× 顧客接点×在庫』3年先を見据えた小売DX戦略
日時2021/7/8(木)10:30~12:00(90min)
会場zoomでのオンライン開催
参加費無料
※事前登録が必要です。
登壇者 ■フルカイテン株式会社 企業HP
代表取締役
瀬川 直寛氏
慶應義塾大学理工学部で天然ガスの熱力学変化に関する予測モデルを研究。ベビー服ECの経営者として、在庫問題が原因で3度の倒産危機に直面。それを乗り越える過程で、外的要因や予測不能な変化に強い小売経営モデルである在庫実行管理(IEM = Inventory Execution Management)を生み出す。
さらなる研究の末、IEMを実践するツールである『FULL KAITEN』を開発。2017年11月、FULL KAITENをクラウド事業化し、SaaS型システムとして販売を開始した。2018年9月にはEC事業を売却し、FULL KAITENに経営資源を集中している。
IEMは「売上・粗利の増加」と「在庫削減」を両立できるアプローチ、またその実践ツールであるFULL KAITENは、「今ある在庫」のポテンシャルを引き出すことで、売上・粗利を最大化できる在庫DXクラウドとしての評価を確立。現在、全国の大手アパレル企業やスポーツメーカーなどで導入が進んでいる。

■株式会社エスキュービズム
ソリューションデザイン部 部長
岩井 源太
大学生時にITベンチャーを起業。日本初のネットスーパーの設立運営等に携わる。後、Webインテグレーションを提供するアンカーテクノロジー株式会社経て、2011年エスキュービズムに参画。Webサイトおよび、Webを用いたコマーシャルプランニングコンテンツ戦略、SNS戦略等の企画立案、リテール事業領域でのDX活用推進など、マーケティング、戦略視点でのICT/IoT/Web/EC/DX活用を得意とする。
申込お申し込みはこちらから
主催フルカイテン株式会社、株式会社エスキュービズム
お問合せ株式会社エスキュービズム セミナー事務局
E-mail:sc_seminar@s-cubism.jp
備考 ※Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良い所でのご視聴をお勧めいたします。
※本セミナーは、講演者も自宅から出演する形式です。
※お申し込みいただいた方へのみ、視聴用のURLをご案内いたしますので、皆さまもご自宅などからご視聴いただけます。
※誠に申し訳ございませんが、競合他社様からのウェビナー視聴はお断りさせていただいております。お申し込みいただきましてもご視聴用URLをお送りできかねる場合がございますので、ご了承下さいませ。

*お申込みの前に各社の個人情報保護方針・プライバシーポリシーをご確認ください。
フルカイテン株式会社
株式会社エスキュービズム

お申込みはこちらから