2021/3/16(火):無料ウェビナー開催!「コストダウンをやり切った貴社へ!リテールDXを牽引する3社からのメッセージ」2021/3/1

新時代で勝ち残るために!顧客体験価値(UX)を高められる三者三様のIT活用術をご紹介

新型コロナウイルスがもたらした変化は店舗運営に大きな影響を与えました。店舗への来店客が減る中、人件費や広告宣伝費の削減など、コストダウンはもうやり尽くした!というお客様は多いことかと思います。

日本でもいよいよワクチン接種が始まりましたが、アフターコロナ時代において店舗として次にやるべきことは、店舗の収益を高めていくことではないでしょうか?また、これからの新しい時代において店舗の収益を高めていくためには、どのようなことが必要とされるのでしょうか?

今回は、そんな問題にお答えするべく、「BYODアプリの活用により、店舗業務マネジメントの質向上支援を行うナレッジ・マーチャントワークス」「ワンストップでDX推進、オムニチャネル/OMO対応のシステム導入を支援するエスキュービズム」「センサーやAIカメラを活用して顧客行動の分析・OMOの実現支援を行うスプリームシステム」という3社が、
「顧客体験価値(UX)の向上」という切り口から、共催イベントを行う事となりました。

どの様な施策で3社は店舗でのUXの変革を支援しているのか、導入企業の事例を用いて解説して参ります。
今後の施策を検討する上での参考になる情報をお伝え出来ればと思います、是非奮ってご参加ください。

セミナータイトルコストダウンをやり切った貴社へ!リテールDXを牽引する3社からのメッセージ
日時2021/3/16(火)15:00 〜 16:30
会場オンライン(Zoom配信形式)
参加費無料
※事前登録が必要です。
こんな方におすすめ ・店舗におけるDX施策をご検討の方
・店舗への集客に課題をお感じの方
・最新のITを活用して店舗での顧客体験価値を向上させたい方
登壇者■ ナレッジ・マーチャントワークス株式会社 コンサルティングユニット 佐藤 晶紀氏
大学卒業後、中途採用領域で合計100名を超える転職支援を実現。その後、新卒採用支援を行う企業にて、インサイドセールスやカスタマーサクセス等幅広い業務に立ち上げフェーズから携わる。現職では、HR領域のコンサルタントとして、店舗サービス業の変革気を支えるためのリーダー・幹部候補の育成を行うべく、顧客の組織開発・人材開発を担当。店舗運営のDX化を、人と組織の側面から訴求していくことを得意としている。
■スプリームシステム株式会社 営業部 久野 祐治氏
現職では、企業のデジタルマーケティングをソフトウェアでご支援する営業活動に従事。通信販売やネット通販、小売店舗や製造業(工場)等、 様々な業種の企業に対し、BtoC向けMA製品「Aimstar」と室内動線分析製品「Moptar」、またはそれらを組み合わせたOMOソリューションによってお客様の利益を拡大していく支援を得意としている。
動線追跡Moptar
■株式会社エスキュービズム ソリューションデザイン部部長 岩井源太

大学生時にITベンチャーを起業。日本初のネットスーパーの設立運営等に携わる。後、Webインテグレーションを提供するアンカーテクノロジー株式会社経て、2011年エスキュービズムに参画。Webサイトおよび、Webを用いたコマーシャルプランニングコンテンツ戦略、SNS戦略等の企画立案、リテール事業領域でのDX活用推進など、マーケティング、戦略視点でのICT/IoT/Web/EC/DX活用を得意とする。
申込当セミナーは終了致しました
主催ナレッジ・マーチャントワークス株式会社、スプリームシステム株式会社、株式会社エスキュービズム
お問合せ株式会社エスキュービズム セミナー事務局
E-mail:sc_seminar@s-cubism.jp
備考 ※Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良い所でのご視聴をお勧めいたします。
※お申し込みいただいた方へのみ、視聴用のURLをご案内いたしますので、皆さまはご自宅などからもご視聴いただけます。
※競合となるサービスを提供されている企業様のご参加はお断りをさせて頂く場合がございます。

*お申込みの前に各社の個人情報保護方針・プライバシーポリシーをご確認ください。
ナレッジ・マーチャントワークス株式会社 https://kmw.jp/privacy-policy/
スプリームシステム株式会社 https://www.supreme-system.com/company/privacy-policy.html
株式会社エスキュービズム プライバシーポリシー https://s-cubism.jp/company/policy.html

※当セミナーは終了致しました。たくさんのお申込み・ご来場ありがとうございました。