企業課題をIoTで解決 S-cubism IoT製作室、始めました。~プロトタイプから製品化まで。~2017/3/6

※PDF版はこちらをご覧ください。

エスキュービズムは、「S-cusbim IoT製作室」(http://iot.s-cubism.jp/)というサービスを2017年3月3日より開始します。

「S-cubism IoT製作室」は、企業や社会の課題に対し、エスキュービズムが培ってきたIoTの技術とノウハウで、解決策を生み出していくサービスです。

ogimg

 

エスキュービズムに依頼すべき3つのPOINT

POINT.1 システム構築とモノづくりのノウハウを活用

エスキュービズムは、「(ECやPOS)と「モノ作り」(家電)のどちらも事業として行ってきたため、システム構築とモノ作りの両方の特徴を知っています。そのため、基幹システムとの連携やシステム開発の進め方、モノ特有の構造設計や耐久性などの多数のチェック事項など、実際にプロジェクトを進める上で必要不可欠なノウハウを持っています。

 

POINT.2 短期間・低予算に抑え最後までサポート

エスキュービズムは、すでにたくさんのプロトタイプを持っているからこそ、短期間で低予算なIoT製品を生み出せます。課題は何なのかを一緒に考え、プロトタイプの試作、テストマーケティング・評価を繰り返し、最終的に製品化したサービスを世の中に送り届けるところまでをワンストップでサポートします。2~3か月の短期間でアウトプットを出し、検証を行います。

 

POINT.3 顧客満足度アップへ

エスキュービズムは、日常生活の中で使われるようなIoT製品の開発を得意としています。工場などに導入されるようなM2M(Machine-to-Machine)に近い大規模なIoTではなく、実際の店舗のオペレーションや顧客満足度に貢献するような、身近なIoT製品を作ります。

 

【エスキュービズムの主なプロトタイプ】
1.ホテルの鍵を解錠、施錠が行える
スマホを利用したキーシステム

2.いつでも荷物の受け取りが行える
スマホを利用した受取ロッカーシステム

3.事前に空いている駐車場を予約・決済まで行える
駐車場予約・決済システム

4.セルフでスムーズに免税手続きが行える
免税手続き効率化システム

5.スタッフの業務効率化で顧客満足度の向上を図る
飲食店スタッフの負担軽減システム

6.デジタルサイネージとアプリを連動させ販売促進を行う
シェアリングエコノミー課金管理システム

IoT制作室

 

【会社概要】
社 名 : 株式会社エスキュービズム( http://s-cubism.jp/
代表者 : 代表取締役社長 薮崎 敬祐(やぶさき たかひろ)
所在地 : 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル A館 4階
設 立 : 2006年5月11日
資本金 : 97,375 千円
事業内容
EC・オムニチャネルパッケージ、IoT 製品の開発及び販売、
アプライアンスの製造及び販売、各種物品の通信販売、業務用調理機販売 等

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社エスキュービズム コーポレートコミュニケーション部 竹井・荻野
TEL:03-6430-6739 / Mail:d_corporate_communication@s-cubism.jp