S-cubismS-cubism

2年連続 国内シェアNo1(※1)のタブレットPOSシステム 訪日外国人向けQRコード決済「Alipay」「WeChat Pay」と標準連携 11/15インバウンド向け5社合同セミナー開催。2016/10/18

PDF版はこちらをご覧ください。

報道関係者各位

EC/小売業向け開発・ソリューション提供の株式会社エスキュービズム(本社:東京都港区、代表取締役社長 薮崎 敬祐(やぶさき たかひろ)、http://s-cubism.jp/ )は、自社にて提供するタブレットPOSレジ「EC-Orange POS」が、訪日外国人向けQRコード決済サービス「Alipay」「WeChat Pay」と標準連携いたしました。

中国向け決済を対応することによって今後も拡大が予想される中国人を中心とする訪日外国人の需要を最大限取り込むことが可能になります。

test

 

※1 富士キメラ総研「月間BT(2014年6月号)2013年実績」
「2015 法人向けスマートデバイス関連ビジネスの全貌2014年実績」

■QRコード式決済とは

QRコード決済とはモバイル決済の1つで、消費者のスマホにダウンロードされたアプリ上にQRコード化された会員IDを表示させ、このコードをPOSで読み取ることで決済する方法です。消費者はクレジットカードを店頭で提示する必要がなくなり、店舗側はバーコードリーダのみ用意すれば決済に対応が可能になります。

■「Alipay」とは

中国のインターネット総合ブループ、アリババグループにより設立されたオンライン及びQRコード決済サービスです。2015年の中国でのモバイル決済市場の68%(※2)を占めます。アリババグループ有する中国最大のECモールタオバオと同一のアカウントで利用が可能という利便性を武器に中国で最もシェアの高いモバイル決済サービスとなっています。

■「WeChat Pay」とは

中国テンセント社により設立されたQRコード決済サービスです。中国でのモバイル決済市場において2014年11%、2015年20%と2倍近シェアを伸ばしている決済サービスです(※3)。主に中国で8億人以上の月間アクティブユーザーを有する(※3) 同社のチャットツール「WeChat」のユーザを囲い込むことで近年急速にシェアを伸ばしている決済サービスです。

(※2)アイリサーチコンサルティンググループ調べ。
(※3)テンセント社発表。

■QRコード決済使用フロー

1: EC Orange POSの支払い方法で「QRコード決済」を選択
2: ご来店者のスマホに「WeChat Pay」又は「Alipay」のアプリを起動させQRコードを表示する
3: EC Orange POSでご来店者のスマホ上のQRコードをスキャンする
4: 支払い完了
5: ご来店者のスマホアプリに支払い完了画面が表示される

pr_sc_1019

 

■セミナーを開催いたします

「ポスト爆買いの対中国インバウンド施策 ~国慶節を終えて、春節に向けて~」と題し、2016/11/15に5社合同セミナーを開催いたします。
▽セミナー概要はこちら
http://s-cubism.jp/pressinfo/event/161115.html ‎

■会社概要

社 名 : 株式会社エスキュービズム( http://s-cubism.jp/ )
代表者 : 代表取締役社長 薮崎 敬祐(やぶさき たかひろ)
所在地 : 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル A館 4階
設 立 : 2006年5月11日
事業内容:IoT 製品の開発及び販売、EC・オムニチャネルパッケージ、
アプライアンスの製造及び販売、各種物品の通信販売、業務用調理機販売 等

* 記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

【お問い合わせ】
株式会社エスキュービズム
電話 (03)6430-6730
メール support@ec-orange.jp