S-cubismS-cubism

【18年新卒】スペシャリスト志望のエンジニアとゼネラリスト志望の総合職。正反対の2人にインタビューしました。

4月に入ってきたばかり!フレッシャーズの2人に話しを聞いてきました。この2人、同じ18年卒の同期といえど、聞けば聞くたびに考え方が正反対で、お互いにどの様な化学反応があるかとっても楽しみです!

【スペシャリスト】エンジニア小林くん×【ゼネラリスト】総合職山田くん

-なんでエスキュービズムを選んだの?

小林:僕はエスキュービズムには専門的にシステムエンジニアとして力をつけたいと思ったから入社しました。まずは自分が手を動かすことが1番だと思い、自社開発をしている会社を志望していました。

山田:僕は職種問わず広くいろんな事をやってみたいと思ってエスキュービズムに入社しました。エスキュービズムは様々な事業をやっていて、幅広くいろんな分野の事を知れると思いました。

小林:全然方向性違うよね(笑)僕は早くエンジニアとして独り立ちすることが、まずクリアすべき1つ目のステップだと思っていて、もし叶うのならば、将来的にはプロジェクトの開発を任せてもらって一人で黙々と作業ができる環境作る所までたどり着きたいです。

山田:そうだね(笑) 僕は逆に一つの事だけじゃなくっていろんな事がやりたいと思ってて、様々な経験を積んだ後に自分の専門性を決めたいかな。今は社内でいろんな部署の人と話す機会をもらえていて、それを大切にして視野を広くしていきたいと思ってます。あと、僕は人より のんびり就活してて、3社しか受けなかったんだよね。

小林:あ!それは僕も!やっと共通点があったね。やっぱりエンジニアとして力をつけるにはベンチャー企業かと思って、いろいろ探している中で、エスキュービズムはWEBの開発だけでなく基幹システムの知識や技術も身に付けられそうだと思って、すぐに決めたよ。

山田:僕は、実はエスキュービズムって知らなかった(笑)採用サイトでたまたま見つけて、なんとなく『面白そう』って思ったから次の日説明会に行ってみた。それで代表の薮崎さんの話を聞いたら、やっぱり『面白かった』。すぐに面接で「ポジティブに何でもやってみたい!」って正直に話したから、内定がでたのかな。

-今後はどうしていきたい?

小林:入ってみて、指導にあたってくれている先輩方はやさしい方が多いですし、話すと理解してくれる方が多いので、相談しやすくてとても良い環境だと思っています。落ち着いた雰囲気で、腰を据えてスキルや技術を学んでいける環境がエスキュービズムにはあると思っているので、早く活躍できるようなエンジニアになりたいですね。

山田:今はインバウンド関連情報の業界リサーチ&レポーティングなど、任せてもらえることは簡単な事が多いですが、すべてが新鮮でとても楽しいです。僕の良いところは、ポジティブに自分のいる環境を楽しめる所だと思っているので、ひとつひとつ楽しみながら沢山の事を学んでいきたいです。

小林:あとは、社員のみなさんお菓子通販で商品買って下さい!山田くんも買ってね!
※エンジニア研修で、実際の自社パッケージを使った通販サイトの構築をしています。(社内限定)

山田:初任給がでたらな!!あ~初任給もらうの楽しみだなあ。

関連記事

ページ上部へ戻る