S-cubismS-cubism

開発を確実なアセットに
するために

経年によるセキュリティ低下を見据え、
維持運用を考えた構成でスタートし、継続的にセキュリティを高める

システムには、継続的なメンテナンスと強度維持のための手入れが必要です。
また、状況を把握するための監視や検査と、それらを担う体制が必要です。
健全である状況であれば、一定以上の強度を持ち、情報を保全することができますが、老朽化や攻撃などによって決壊すれば、一気に漏洩や流出などの事故につながる可能性が高まります。

エスキュービズムの
サポートポリシー

セキュリティは経年で低下することを前提とする

技術の進歩により新たな脅威が発見されていくことを考えると、時間が経つほどにセキュリティは脆弱になるといえます。
初期構築の時点で永続的に強固なものを構築することはできないと考え、「継続的、持続的に保持しなければならないものである」と理解することが何よりも大切です。

継続的にセキュリティを高めていける構成にしておく

継続的、持続的にセキュリティを保持していくためには、セキュリティテストもまた継続的に実施していく必要があります。
適切なサービスを適切な期間で採用するなど、継続的にセキュリティを高めていくためのアクションを阻害することのないシステム・サービスの構成にしておくことが大切です。

プロジェクトごとに最適なメンバーで構成する構築&サポート