ビジョン

「日本にはプロの経営者が不足している」という社会的課題の解決のために

世の中の企業は、経営者によって成長や業績が大きく左右される。そして経済の成長なくして、現在の日本が抱える財政や社会福祉の問題の解決はあり得ない。つまり日本社会の前進のためには、個々の企業を成長に導く多くのプロフェッショナルな経営者の存在が必要不可欠ということになる。

では、経営者としての才能は生まれつきのものだろうか。
生まれ持った身体的能力がものを言うスポーツの世界とは異なり、経営に必要な能力は現場で経験を積みながら後天的に学んでいく部分が大きい。しかし年功序列制で機能するような旧来の大企業が少なくない日本では、ビジネスマンとしてもっとも脂の乗っている30代、40代のうちに経営経験を積む機会は、会社を飛び出して自ら起業する以外にはほとんどない。家庭があり社会的責任も大きいこの時期には、たとえ意欲があったとしても、大きなリスクを覚悟して起業するという選択ができる人は滅多にいないだろう。

その後の彼らは、経営層へと進むごく一握りの人間をのぞけば、優秀ではあるものの想像を超えることのない「マネジメント層」として企業の中で成熟するにとどまる。
もちろんこうした多くの優秀な中間層こそが、20世紀の日本の成長を支えてきたことに疑いはないが、かつてないほどのスピードで社会が変化する21世紀は、1業種1事業で成長した大企業が長期間競争力を持つ時代は終わり、経営者に求められる能力も変わった。

エスキュービズム・ホールディングスでは、起業するための時間も資金も不足しているが経営に携わりたいという強い意志を持つ層に経験のための場を与え、プロフェッショナルな経営者をひとりでも多く育てることで、日本経済の発展、ひいては日本社会の問題解決に貢献していきたい。


概要

事業の経営に携わってみたいという意欲はあるものの、様々な要因によってなかなか踏み切れない人も多い。そんな人に、経営=「社長」になるチャンスを与えるのが、この「産業リノベーターズバンク」です。

これまで、日本で経営者になるには ①事業計画を立てたうえで自らVCなどを利用し資金調達して起業、もしくは ②社内で経験を積みながら出世して経営者の座につく、の二通りが主流でした。最近では②の延長として社内起業も増えてきたものの、成功しているところは多くありません。

この2つには、マイナス点も目立ちます。
①の場合、成功のリターンは大きいものの失敗した時のリスクも同様に大きい。資金調達や事業計画など、失敗要因も複数存在するために、志半ばで諦めるケースも目立ちます。②では、トップに立てるかどうかは大きく運に左右されるうえ時間がかかり、気力や体力が充実した時期に経営者となれる可能性は高くありません。

「産業リノベーターズバンク」は、こうした課題を企業の力でサポートし、意志と覚悟のある人にぜひ経営者となる機会を掴んでもらうための仕組みです。候補者となれば既にエスキュービズム・ホールディングスが検討した事業計画の中から、自らの興味・関心に合った事業に応募可能。また事業を始める際には所属はエスキュービズム・ホールディングスとなりスタート資金も用意されているので、失敗を恐れることなく自分の可能性を存分に試すことができます。いわば「いいとこ取り」のシステムの中で、大きく問われるのは、挑戦したいという意志と自らに課す覚悟です。

なぜこんなことを考えたのか?それは、若くて才能のある経営者を増やすことが、日本全体の発展を促すと確信しているからです。驚異的なスピードで世界が動いている今こそ、多くの優秀な経営者を日本で育てる必要があります。そのためには、旧来の2つの道だけでは不十分であると考えました。

これまで踏み出せなかった一歩のために、「産業リノベーターズバンク」をぜひご活用ください。

独立・起業 社内経営者 産業リノベーターズバンク
リスク 高い 低い 低い
資金 必要 不要 不要
事業アイデア 必要 不要 不要
経営者になるまでの期間 短期 長期 短期
経営者になれる確率 確実 不確実 確実
※合格した場合

事例

小泉 貴志

中古車流通事業

小泉 貴志
株式会社エスキュービズムLCD 代表取締役社長

「産業リノベーターズバンク」の話を聞き、個人の力で優れたビジネスのアイデアを実現しようと取り組んでいる人にこそ、利用してほしいと思いました。

続きを読む

折内 大輔

マッチング事業

折内 大輔
株式会社ネクストマーケティング 代表取締役社長

グループである強みを生かしながら事業を進めていけることは、成功への近道だと実感しています。

続きを読む

正古 明

厨房機器販売・卸事業

正古 明
株式会社ICE CAP JAPAN 代表取締役社長

思考力や行動力に優れ、事業を成し遂げたいという強い意志を持つ方には、ぴったりのプログラムだと思いました。

続きを読む

エスキュービズムが取り組む「産業リノベーション」とは

  • ①多様な販路を持つことで、価値ある商品、サービスを生み出す人とパートナーが集まる好循環を加速させる
  • ②差異化の明確な商品を生み出すことで、新たな販路や販売パートナーが集まる好循環を加速させる
  • ③グループで様々な職種と事業を持つことで適材適所による高い生産性を実現する。キャッシュマネジメントにより資金コストを最適化し競争力の源泉と迅速な投資を実現する。

産業リノベーション

「産業リノベーション」を詳しく見る(別窓)


募集要項

応募資格

  • 1. 経験不問
  • 2. 国籍、年齢不問
  • 3. 事業計画の準備不要
  • 4. 資金不要
  • 5. 必要なのは意志と覚悟

経営スタートまでのフロー

経営までのフロー

※エスキュービズムは強みを重視し、強い部分で補い合う経営チームという考え方を重視するので、必ずしも1人で行うとは限らない。事業に必要なファンクションに沿ってチーム編成を支援する。

エスキュービズムグループによる支援

  • ・経理、財務、法務、人事、採用支援
  • ・広報、マーケティング、ブランディング支援
  • ・新規開拓営業支援(小売り・飲食店舗、中小企業、大手量販店、テレビ通販などのアカウントを活用)
  • ・WEBを活用したインバウンドマーケティング、リード獲得の支援
  • ・与信(必要に応じて連帯保証を付与)
  • ・事業に必要なシステム開発支援、IT活用による事業の効率化支援
  • ・販売商材の供給(純粋販売会社としての事業も可)

事業化候補案件(一例)

コールセンター
  • ・最新CTI、IVRを利用した高付加価値型コールセンター事業
不動産
  • ・居ぬき店舗ダイレクトマッチング事業
自動車
  • ・ネットを活用した中古車買い取りと海外輸出事業
IoT
  • ・スマートロックを活用した宅配BOX、ホテルキー事業
  • ・カメラとセンサーによる駐車場満空検知、コインパーキング事業
中古品
  • ・金プラチナ、ブランド品買取り・販売事業

応募者のためのQ&A

Q. なぜ事業計画や資金が不要なのか?

A. 優れた多くの製品と多様な販売販路をそろえ、これまでも多くの産業のリノベーションに成功してきたエスキュービズムでは、常に複数のプロジェクトの事業化について経営陣で検討しています。候補者はその事業の経営者に応募する形なので、事業計画は必要ありません。合格後はホールディングスの経営陣と、実際の…

Q&Aの続きを見る


ご挨拶

26歳で起業したとき、もし失敗したら自己破産してリセットすればいいと考えていた。周囲にはアルバイトの求人だって山ほどある。ここでゼロになっても、時給800円で毎日必死に働けばなんとか生きていくことはできるだろうという覚悟が最後に背中を押した。実は今でも、あそこで失敗したら何をしていただろうと振り返ることが時々ある。

今の日本に、起業家はそれほど多くはない。環境が整っていないから?答えはNOだと私は思う。
日本には創業融資制度もあるし、ベンチャーキャピタルもある。海外と比較しても、決して起業が困難な環境ではない。むしろ起業の可能性を考えた時にリスクを取れるのか検討し、自分の中に潜む弱さといやおうなく向き合うと、起業しない方がいいという合理的な決断が導き出されているのではないか?

そもそも、ハートが強くて才覚がある人は、放っておかれても勝手に起業する。名を成した起業家たちは一見意志が強そうだし、自分とはまったく別の世界のスーパーマンのように映るかもしれない。
仮に「起業して成功するには、強い人間でなくてはいけない」ならば、自分の弱さを自覚してしまった人ほど、第一歩を踏み出すことができなくなるはずだ。そして優秀で冷静な人こそ、自分に弱さがあるとわかっている。
確かに起業にリスクはつきものだ。だから起業家は増えない。

実はこれこそ、今の日本が抱えている大きな社会的損失だと思う。

起業に踏み切れるかどうかと、経営者としての可能性があるかどうかは、まったく別のものだからだ。
経験を積むことで素晴らしい経営者に育つポテンシャルがある人間は少なくないのに、日本では若くして経営に携わるためには、起業しか選択肢しかない。起業をあきらめた瞬間に、そこで経営者としての可能性の芽が摘まれるのは、あまりにもったいない。経営の楽しさに触れる機会も逸してしまう。
自分の弱さを自覚していても行動する意欲や熱意がある人に、エスキュービズムのリソースを活用することでリスクを軽減し、効率よく経営に携わる機会を使って、ぜひプロの経営者を目指してほしいと願っている。

薮崎 敬祐


エントリー

0