エスキュービズムプロダクトキーワード集

エスキュービズムが展開するサービスやプロダクトに関する専門用語、キーワードについて解説いたします。

Web・EC関連のテクノロジーキーワード

OMO

OMOは「Online Merges with Offline」の略で、「オフラインがオンラインに取り込まれた状態」として理解されています。
O2Oが「Online to Offline」を意味しオンラインからオフラインへの送客を定義していたのとは異なり、OMOでは、例えばお客様が店舗に訪問したときは「対象となるお客様は何らかのオンラインでの接続状態を持っている」上で「今、オフラインで行動しているだけ」と捉えます。
今までは、オンラインのお客様、オフラインのお客様、あるいはその双方でアクションを起こすオムニチャネルのお客様、という捉え方をしていました。しかし、OMOの概念の中ではオンラインとオフラインは同価値のものとして統合された状態を作り上げ、「今偶然オンラインで行動している」あるいは「オフラインで行動している」ことを把握し、それぞれの場合に最適な施策や仕組みを提供していくことが必要となります。

DX

DXとは「Digital Transformation / デジタルトランスフォーメーション」の略で、日本ではDX化、DX人材、DX戦略というように接頭語として使われるほどに一般名詞化しています。
元々は2004年にスウェーデンの大学教授である、エリック・ストルターマンが提唱したとされ、基本的な考え方は「ITの浸透により、人々の生活をよりよい方向に変化させていこう」というものです。いま日本国内で盛んにDXと叫ばれているのは高度ICT化に寄っている傾向もありますが、「ITを使って本質的な部分からビジネスを変革させていくこと」が求められる内容です。

重要なのは、ビジネスプロセスの一部分をIT化するだけではDXの実現はなされないという点です。
在来のICTシステムもしくはパッケージの導入のような、ごく限られた範囲のIT導入であれば全体の変化には結びつかず、部分最適化で終わってしまいます。
エスキュービズムでは、業務・ビジネスプロセスの多くの範囲をIT化し、データによる可視化に努め、可視化したデータを正しい指標とデータ解析によって活用する環境を作る、という事までがDX化における必要最低限の要件であると考えています。

OMS

OMSとは「Oder Management System / オーダーマネージメントシステム」の略で、受注管理システムのことを指します。
近年、OMSが注目を集めつつある背景には「オムニチャネルによる顧客情報統合が一般化したこと」「OMOなどのような、オンライン・オフラインを問わないマルチラインでの受注管理が要求されていること」があり、在来のシステムではこれらの適切な管理が難しくなりつつあります。

特に、OMO、DXが加速度的に進むこれからの時代では、ECサイトからの注文に対する即日出荷を店頭から実施するような受注配送や、店頭での取り寄せ商品の引当にEC在庫を当てたり、今までにない在庫種別での管理が必要となり、店舗主体またはEC主体のシステムでは対応できない範囲の業務が増加してきています。それに対応できる在庫管理、配送指示、商品管理を実現するための高度なシステムとしてOMSのニーズは日々高まっています。

今後導入されるOMSシステムには、オンライン・オフラインという区別を持たずに受注管理が実施できること、在庫管理をそれぞれの在庫場所毎に在庫移動を含めて最適な指示が可能であること、注文に付帯する様々な業務を管理可能であることなど、OMO/DX実現時代のシステムとして、高い情報管理能力が求められます。

エスキュービズムでは、ORNAGE OMSとして、これらに対するソリューションをご用意しております。

Web標準

W3C(World Wide Web Consortium)などの国際標準化団体によって定められるガイドラインをWeb標準(Web Standards)と呼称します。Web標準はブラウザごとに表示が異なる、表示されない情報があるといった状態を避け、「ユーザーが平等に情報を得られる環境」を作ることを目指して設けられているガイドラインです。Web標準に準拠しHTML/XHTMLやCSSを活用して構築されたWebサイトはユーザビリティが高いだけでなく、検索エンジンにも理解しやすい構造のためSEO対策としても有効です。

W3C勧告

W3CはWorld Wide Web Consortiumの略称です。1994年ティム・バーナーズ・リーによって創設された国際標準化団体の一つで、Web技術の標準化を目的として活動しています。W3Cのワーキンググループが中心となりWeb技術の審議、検討が行われ、最終段階の「W3C勧告」で仕様、指針、要件で構成された文書が一般公開されることでWeb標準が周知されます。
ほぼ毎年更新が行われているため、新規でWebサイトを構築する際や既存サイトのリニューアルを行う際に最新のWeb標準に準拠するとよいでしょう。

WCAG

WCAGはWeb Content Accessibility Guidelinesの略称です。Webコンテンツのアクセシビリティ(アクセスしやすさ、利用しやすさ)に関するガイドラインを指します。WCAG 2.0 及び2.1では、様々な障がいを持つ人でもWebコンテンツにアクセスできるためのガイドラインとなっています。
ユーザーが一つ以上の知覚でWebコンテンツにアクセス可能であること、マウスやキーボード、音声入力などいずれかの方法で操作可能であること、テキストコンテンツができるだけ理解しやすい状態であること、Web標準に準拠し、厳密なテストを行った堅牢なコンテンツであること、という4つの原則に分割されます。WCAG 2.0を目指してまずは構築し、その後WCAG 2.1にステップアップするとよいでしょう。

セマンティックWeb

Webページの情報について、それが何を意味するかをコンピュータが自律的に解釈し処理できる仕組みをセマンティックWebといいます。人間が判断していたWebページの情報を、メタデータ(構造化データ)を付加することによってコンピュータが自動的に情報収集し分析することが可能になります。Webページの情報は主にHTMLで記述されていますが、主に見栄えを整えるためのプログラムであり、それが何を表しているかはXML/XHTMLを用いたメタデータとしてコンピュータに理解させる必要があるのです。

技術関連キーワード

REST

Representational State Transferの略でWEBサービスの設計思想のこと。リソースの転送に関する設計原則であり、リソースの取り扱い原則を規定していると考えてよいでしょう。RESTを提唱したロイ・フィールディング氏による設計原則は以下の4つです。

  • セッションなどの状態管理を行わず、やり取りされる情報はそれ自体で完結して解釈することができる(WebではHTTP自体にはセッション管理の機構はない)
  • 情報を操作する命令の体系が予め定義・共有されている(WebではHTTPメソッドに相当)
  • すべての情報は汎用的な構文で一意に識別される(URL/URIに相当)
  • 情報の一部として、別の状態や別の情報への参照を含めることができる(ハイパーメディア的な書式で情報を表現する。HTMLやXMLに相当)
IT用語辞典 e-Wordsより引用

RESTful

RESTに基づいて設計されたWEBサービスのこと。RESTful APIはRESTの設計原則4点に従い設計されたAPIということになります。GoogleやFacebookなどはRESTfulなサービスです。
開発されたWEBサービス、APIがRESTか、そうでないかを分けるためにRESTfulという言葉が生まれました。セッションの状態管理を行わないためステートレスで、サーバー側が複雑なシステムにならず拡張しやすいというメリットがあります。その他、統一のインターフェースを使用する、URI、URLは汎用構文で記述するなど、設計原則に従って開発されることでシンプルな規格が保持されます。

URI

Uniform Resource Identifierの略で統一資源識別子のこと。WEB上での識別を可能にする規定のルールがURIで、WEB上のファイルの場所を指定するURL(Uniform Resource Locator)、WEB上の識別番号を指すURN(Uniform Resource Name)はURIに含まれます。URLであれば「https:(スキーム)」「//~(オーソリティ-ユーザー情報、ホスト、ポート)」「/service/index.html(パス)」「?p=12345(クエリ)」「#id(フラグメント)」というようにパーツと役割が決められています。

セッション

インターネット通信の接続から切断までをセッションといいます。たとえばサーバーに対しWEBブラウザからリクエストを送信し、サーバーがリクエストを返して通信を切断するまでを1セッションというように、単位として扱うこともあります。閲覧者が同セッション中に複数ページを閲覧したとしても、セッション数は1となります。アクセス解析ではこのセッションを計測して分析を行います。

セッションID

Webサイトなどでアクセスする際に、サーバーは利用者に対してセッションIDを付与し、同一のセッションを管理することができます。同一のセッションIDが送られてきた場合に同一セッションと認識されます。セッションIDがないとどの利用者なのか判別できず、通信が適切に行われなくなります。WebサイトとWebブラウザがセッションIDをやり取りする手段としてはCookieを利用する方法が最も一般的です。その他、リンクURLに埋め込む方法、Webページのフォームデータに埋め込む方法があります。

セッション管理

HTTPはクライアントとの通信状態を保持しないステートレスなプロトコルのため、同じリクエストがWebブラウザから送信された場合、サーバーからのレスポンスは毎回同じとなります。この状態ではアクセスしてきた利用者が誰なのか、これまでの処理内容などを把握できません。たとえばECサイトで商品を購入する際に、検索→選択→購入のそれぞれのステップにおいて同じ利用者が通信を行っていることが把握できないと、購入行動そのものが成立しません。通信状態の把握を行うにはCookieなどを利用してセッションIDを付与し、セッション管理を行う必要があります。

HTTPS

HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)はWebページがSSL/TLSプロトコルによって暗号化された通信手段を取っていることを示しています。SSLサーバー証明書を取得したサイトでは、データは暗号化され第三者によるデータの改ざん、データの不正入手、なりすましといったサイバー攻撃を防止することができます。
逆にSSL証明書を取得していないHTTP通信の場合、ブラウザ側で警告表示を表示することもあり、データ通信の安全性が低いサイトとしてSEOの評価が下がる原因となります。