タグ:omo

店舗負担を削減するためのリテールDX

リテールDXは、コロナによってその重要性をますます高めました。 以前から省人化や顧客満足度向上を達成できると考えられてきましたが、昨今では消費者のニーズである非接触や安心できる購買体験を実現するために求められています。 […]

宅配における返品の課題とは?解決のヒントと事例を解説します

「EC利用者の返品が増えている」 「返品対応をなるべく効率化したい」 といった課題をお持ちのECご担当者の方へ。 商品を直接確認できないECでは、「イメージと違う」といった理由での返品希望が増えています。日本は海外よりも […]

OMOで店舗が進化する!オンラインとオフラインが融合する店舗ビジネスのヒント

Online Merges with Offlineの略であるOMO。Mergesという言葉通り、これからはオンラインとオフラインを融合させたOMOの取り組みが欠かせません。 OMOはすでにアパレル業界をはじめ多くの業界 […]

2022年に予測されるリテールトレンド。チャネルの融合と拡張が進む

2020年に引き続き、2021年もコロナウイルスが世界に大きな影響を与えた一年となりました。激変の2020年に続く2021年。この二年間で新しい生活様式として定着したものもあり、そこから2022年の小売業界のトレンドも予 […]

ショールーミング型店舗のこれから。OMOで顧客体験を掘り下げる

以前は「売上が他社ECに流れてしまう」とされてきたショールーミングですが、最近では感染予防やアパレルの実店舗離れの対策として注目されています。 販売員を置かない無人店舗、その場でネット注文してもらえるようなWi-fi環境 […]

店舗にフルフィルメントを持たせる意義とは?成功事例や戦略のポイントを解説

「コロナ禍で実店舗の存在感が薄れてきた」「店舗の価値を再度見直したい」 と考える経営者、店舗運営責任者の方も多くなってきています。消費者の購買行動が変化した今、実店舗の在り方も変化しはじめています。店舗にフルフィルメント […]

無人店舗から広がるマイクロマーケットの可能性。顧客体験はどう変化するか

マイクロマーケットは、「小さな商圏」に特化することで今の時代に即したビジネスを展開できる可能性をもっています。 コロナ禍でデジタル化が急速に進んだことで、消費者の購買行動は大きく変化しました。買い方の変化に合わせて、企業 […]

リユースと買取の今。テクノロジーと異業種協業でさらに業績拡大傾向

リサイクルやリユース品の需要が増え、業界の拡大傾向が続いています。 CtoCフリマアプリの利用が消費者の間で一般化したことで、リユース品への抵抗を感じる人も少なくなってきました。 また経済状況の悪化やSDGsへの意識の高 […]

マーケティング分析MarTechはDX化の飛躍の鍵となる

マーケティングにITを取り入れてビジネスを展開させていく「MarTech(マーテック)」は、コロナ禍でDX化が急速に進む現代の企業戦略にとって重要なキーワードです。 本記事では、世界で成長を遂げているマーケティング分析市 […]

デジタル集客は実店舗にも活用できる

実店舗の集客にSNSやGoogleマップといったデジタルツールを活用する施策は、アフターデジタルという社会変容に応じて今後も増え続けるものと想定されます。 本記事では、コロナ禍そしてアフターコロナでますます必要性が高まる […]