タグ:omo

「新しい生活様式」で予測される顧客の購買行動の変化と対応策

去る5月4日、厚生労働省は新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を公表しました。その内容は、人との接触を最低限に抑え、感染拡大を防止することを目的とした方向性で、かなり具体的な行動が提示されたものとなっています。 […]

無人決済店舗「TOUCH TO GO」が、システムの外販サービスで目指しているもの

去る3月14日、JR山手線新高輪ゲートウェイ駅のオープンと同時に話題になったのが、無人決済店舗「TOUCH TO GO」(以下TTG)です。 TTGでは商品を一つ一つスキャンする必要はなく、ユーザーは購入したい商品を手に […]

ライバル多数参入のEC市場で再確認しておきたい「自社ECならではの強み」

ECの市場規模は以前から18兆円を突破し堅調な伸長を見せていることに加え、コロナ禍の影響により、その利便性を多くの消費者が認知、あるいは再確認したことで、今後ますますその重要性が増しています。 しかし、これからのEC市場 […]

休業明け「選ばれる店舗」になるために必要な6つの対策

5月下旬、緊急事態宣言は首都圏と北海道を除く都府県で解除され、状況次第で残りの自治体についても月末までの解除の可能性が示唆されています。 この3ヶ月、未曾有の事態に直面することになった小売業界は、消費者の外出自粛に伴うE […]

アフターコロナのニューノーマル〜小売企業が取るべき対策とは〜

「ニューノーマル(新常態)」とは、これまで異常と見なされていたものが正常と見なされるようになり、以前の姿には戻れない不可逆な変化の事を指す言葉です。 世界を未曾有の事態に直面させた新型コロナウイルスは、人間の営みにおける […]

EC運営責任者が人材難である理由~最重要ポイントは「経営視点」

消費者にとって「手軽に買い物ができるもの」という存在のECも、その手軽さを実現するための運営には高度なノウハウやスキルが求められ、運用自体にも莫大な労力がかかります。 一口に「ECの運営」と言っても、考慮すべきこと、やる […]

リテール企業の経営者が店舗経営において考えておくべきDXの「本質と現状課題」

テクノロジーの進化は、とても自然な形で消費者の暮らしに浸透し、ライフスタイルを激変させています。この流れは今後も止まることなく加速するでしょう。私たちはもはやデジタルがもたらす恩恵なしに生活することは難しくなってきていま […]

NTTと東急ハンズ、次世代2次元コード実験へ:コードの進化と今後

NTTは、東京ハンズと提携して商品情報登録からマップを作成する実証実験を開始しました。 この実験に使われているのは、次世代2次元コードと呼ばれるカラーで構成されたコードです。次世代2次元コードは接写しなくてもスマホで読み […]

間もなく日本上陸の「b8ta」に見るOMO。近い将来「当たり前」になる未来店舗のカタチ

「OMO(Online Merges with Offline、オンラインとオフラインの融合)」というテーマは、ここ数年、小売関係のメディアでは何度も取り扱われています。こまめに業界情報を摂取されている方、特にDXの本質 […]

パーソナライズされたOMOの購買体験:コネクテッドコマース

オンラインとオフラインを融合させる「OMO」に伴う小売のあり方、コネクテッドコマース。消費者に、オン/オフどちらからも同じようにスムーズな購買体験を提供することを意味します。 この記事では、コネクテッドコマースとその背景 […]