タグ:ec

OMO時代だからこそ高まるオーダーマネジメントシステムの重要性

2020年度のEC市場規模は2019年度比2.6%増の20兆円になる見込み(2020年12月段階)との予測が出されました。また、オムニチャネル・コマース市場は56.7兆円と、コロナ禍の中でも前年度より伸長する推測となって […]

リユースと買取の今。テクノロジーと異業種協業でさらに業績拡大傾向

リサイクルやリユース品の需要が増え、業界の拡大傾向が続いています。 CtoCフリマアプリの利用が消費者の間で一般化したことで、リユース品への抵抗を感じる人も少なくなってきました。 また経済状況の悪化やSDGsへの意識の高 […]

食品ロス削減で社会貢献を。SDGsな「食」のこれから

今や、食品ロスの問題は、飲食業の問題だけではありません。食品ロスを減らすことは環境保全にもつながり、全世界的な動きとなっているSDGsにもつながります。 本記事では、多角的な視点で食品ロス削減の取り組みについて検討し、実 […]

小売・EC企業が取るべき地球温暖化対策とサスティナビリティ戦略

サスティナビリティ――最近注目されることの多いこのキーワードは、「持続可能な」と訳されることの多い、ある意味では不思議な言葉です。 では、このサスティナビリティが指し示すものとはどんなものなのでしょうか。 そもそもサステ […]

不正検知でブランドを守る 不正取引の実態最新動向をチェック

過去の取引データなどによって危険性を判断する「不正検知」は、円滑にクレジットカード決済を実施するために重要なシステムです。 コロナ禍によってオンラインショッピングやテレワークが急速に普及したことで、不正アクセスや不正取引 […]

物流システムから小売を変えていく、新しい動き

コロナ禍でECサイトの利用者が急増した結果、物流コストに悩む企業が増えました。さらに人材不足や業務過多といった課題まで増え、企業は対応を迫られています。 物流業界では、単に物資を運搬する物流から、効率化して物流コストを抑 […]

特商法改正案による影響を考える。ECサイトは改修が必要?

政府が2021年3月に閣議決定し、今国会中に成立を目指す特商法改正案。初回無料やお試しサンプルといった広告で、消費者の意に反する高額な定期購入契約を結ばせる悪質な業者の手口を阻止するための案が出されています。 注目したい […]

世界の小売売上ランキングから測る2021年の傾向

世界中がパンデミックとの戦いを余儀なくされた2020年。小売の売上も大きな影響を受けました。 ですが、全世界のすべてが減収傾向というわけではなく、活路を見出したり「巣ごもり」需要に即応したりと、増収を達成したところも少な […]

ユニファイドコマースが顧客体験のさらなる充実を実現する

生活様式が大きく変化した昨今では、小売業も進化しなくてはいけません。実店舗のほかに、ECサイトなどオムニチャネル化を進めている企業も多いことでしょう。 今では「ユニファイドコマース」という、一歩進んだ取り組みが始まってい […]

カスタマーサポートはEC運用の重要チャネル。ブランドイメージ向上にも寄与

EC運用は今、他社と自社との差別化を図る必要に迫られています。 他社より抜きん出るECサービスを消費者に提供する要のひとつが、カスタマーサポート。消費者が本当に使いやすいECを整備するためには、消費者目線に立ったサポート […]