タグ:dx

DXレポート2.2が示す、日本企業にDX推進が必要な理由

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、「進化し続けるデジタルテクノロジーが人々の生活に影響を与え、日々の生活をあらゆる面で豊かに変えていく」という概念です。ビジネスにおいては、データやデジタル技術を活用することによ […]

2023年以降、配送サービスのロボットが公道利用可能へ。物流の諸問題を解決に導くか

2023年、2024年は物流業界が大きな変化を迎える年となりそうです。 働き方改革が2019年に提唱された時から、物流業界にも適用されると運賃コストの値上げやドライバーのさらなる減少を招くと危惧されていました。 2019 […]

EC領域におけるAI活用。DX化で高まるポテンシャル

小売、とりわけECの領域では、AIの活用が難しいと考えられてきました。 購買行動は不確定要素が強く、特にECとリアル店舗の両方を運用しているような企業にとっては、顧客の情報をAIに学習させるのは至難の技でした。 しかし、 […]

働き方改革の法改正が小売と物流をどう変える?

「働き方改革」というワード自体は馴染みのあるものですが、2024年にまた一つの局面を迎えることはあまり周知されていないかもしれません。それは、物流業界への働き方改革関連法、改正適用です。 これまで、物流業界は働き方改革関 […]

現場の声を反映した店舗アプリを活用して顧客体験を向上させる

店舗アプリは、顧客体験の向上やマーケティング展開に不可欠な要素になっています。 さらに昨今では、店舗アプリによる業務効率化の可能性も注目されてきました。 店舗アプリというと、ショップカードとしての活用や、顧客のリピート促 […]

C2Mに再注目!変容する社会と消費者意識にマッチするビジネスモデル

顧客の潜在的ニーズを把握して無在庫販売できる「C2M」は、コロナによって改めてその価値が捉え直されています。 アフターコロナのC2Mは、リアルタイムなデータ活用が進み、より精緻な製造予測が立てられるようになりました。巣篭 […]

店舗負担を削減するためのリテールDX

リテールDXは、コロナによってその重要性をますます高めました。 以前から省人化や顧客満足度向上を達成できると考えられてきましたが、昨今では消費者のニーズである非接触や安心できる購買体験を実現するために求められています。 […]

小売店がオープンデータをDXに活用するには

国や官公庁が公開する「オープンデータ」には、企業がビジネスを成長させるために必要な情報がたくさんあります。しかしデータを公開する自治体側と利用する企業側の両方において活用は芳しくなく、様々な課題が残っている状態です。 デ […]

2022年に予測されるリテールトレンド。チャネルの融合と拡張が進む

2020年に引き続き、2021年もコロナウイルスが世界に大きな影響を与えた一年となりました。激変の2020年に続く2021年。この二年間で新しい生活様式として定着したものもあり、そこから2022年の小売業界のトレンドも予 […]

企業成長の戦略としてデジタル投資が重要な理由

ITを活用して自社システムを刷新したり業務の効率向上をはかったりする「デジタル投資」が注目されています。 デジタル投資は不確定要素が大きいとして避けられる傾向もありますが、行なった企業はコロナ禍にあっても収益が拡大したと […]