タグ:経営戦略

DXレポート2.2が示す、日本企業にDX推進が必要な理由

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、「進化し続けるデジタルテクノロジーが人々の生活に影響を与え、日々の生活をあらゆる面で豊かに変えていく」という概念です。ビジネスにおいては、データやデジタル技術を活用することによ […]

2023年以降、配送サービスのロボットが公道利用可能へ。物流の諸問題を解決に導くか

2023年、2024年は物流業界が大きな変化を迎える年となりそうです。 働き方改革が2019年に提唱された時から、物流業界にも適用されると運賃コストの値上げやドライバーのさらなる減少を招くと危惧されていました。 2019 […]

EC領域におけるAI活用。DX化で高まるポテンシャル

小売、とりわけECの領域では、AIの活用が難しいと考えられてきました。 購買行動は不確定要素が強く、特にECとリアル店舗の両方を運用しているような企業にとっては、顧客の情報をAIに学習させるのは至難の技でした。 しかし、 […]

働き方改革の法改正が小売と物流をどう変える?

「働き方改革」というワード自体は馴染みのあるものですが、2024年にまた一つの局面を迎えることはあまり周知されていないかもしれません。それは、物流業界への働き方改革関連法、改正適用です。 これまで、物流業界は働き方改革関 […]

多拠点展開と連携によってクイックコマースのネットワークを構築する

アプリやネットスーパーで注文した商品が、30分以内に手元に届くクイックコマース(Qコマース)は、都市部を中心に急速なサービス広がりを見せています。 2022年はクイックコマース元年になるのではという声もあり、コロナウイル […]

オーバーストアはなぜ起こるのか。商圏を捉え直し課題解決を

「ターゲットエリアに店舗が密集している」 「オーバーストアをどう解消したらいいかわからない」 とお悩みの方へ。大型商業施設の進出や古い戦略等で、各地でオーバーストアが発生しています。オーバーストアが進むと、坪当たりの売上 […]

リセール、リコマースの新潮流に注目。Z世代中心に広がる価値観をビジネスに取り入れる

日本で「リセール」といえばイベントやコンサートなどの興行チケットが一般的かもしれませんが、小売業にもリセール人気がじわじわとやって来ています。 米国では、すでに、Z世代と呼ばれる若い世代が好んでリセールのファッションアイ […]

EC事業でユニコーン企業に。企業価値を上げる事業戦略とは

日本企業も創出を望んでいるユニコーン企業は、これまでユニコーンになりにくいとされているEC事業にも可能性が見え始めています。 これまで、評価額10億ドルの未上場企業という条件を満たすユニコーン企業は、バイオ系やフィンテッ […]

小型店舗はミニマルに多様化。「勝つための縮小傾向」がトレンドに

広大なスペースに豊富な品揃えをアピールポイントとした大型店舗のみを良しとする風潮に変化が起きています。 小型店舗が注目されている背景には、慢性的な人的リソース不足やECの利用増加といった事柄が挙げられますが、コロナの影響 […]

顧客中心のBX(ビジネス・オブ・エクスペリエンス)を考える

かつてはビジネスを成長させるためにCX(顧客体験)を重視することが一般的でした。しかし生活様式がかわり顧客のニーズが複雑化した今、BX(ビジネス・オブ・エクスペリエンス)という概念が求められています。 CXは経営幹部が主 […]