タグ:リテールトレンド

小売の課題を解決し、新たな顧客体験を生み出すリテールテックの持つ力

リテールテックは、小売の店舗運営や管理だけでなく、顧客体験に新たな改革をもたらす技術です。 人手不足をはじめとする小売業界の課題を解決し、業務効率化をもたらすリテールテックは、中国、米国で開発の動きが活発化しています。 […]

ショールーミングはIT技術と共に進化する:次世代コマースに独自の強みを持たせる時代へ

IT技術の進化とともに進化しているショールーミングは、コロナ禍を経てますます拡大しています。 小売の戦略がO2O、オムニチャネルの考え方からOMOへと進化したように、ショールーミングをはじめとした次世代コマースも、現在進 […]

次世代の購買プラットフォームはSNS。決済機能追加で新たなチャネルに

Z世代を中心に、購買行動のための情報収集手段として利用されているSNSですが、SNSからサイトに遷移する事なく購買まで完結するスタイルが台頭しつつあります。 各SNSもプラットフォームに決済機能を追加する等、投稿からシー […]

仮想とリアルの融合するWeb 4.0 デジタル広告は加速度的進化を遂げる

デジタル広告を次の段階へとアップデートさせる「Web 4.0」は、欧米ですでに活躍している技術です。 日本でも生成AIや3DCGといった新しい技術を広告に活用する動きが見られていますが、10月からステマ規制が施行される等 […]

生成AIが小売の未来を拓く:米国で加速する導入の動きは日本にも

米国では、約90%もの小売事業者が生成AIやそれに類する技術を自社に導入するための準備や検討を進めています。 アマゾンが独自の生成AIプラットフォームを発表し、日本でもデジタルサイネージと生成AIを活用した実証実験が行わ […]

止まらない物価高、まとめ買いや価格重視のニーズ見極めるEC展開を

給与の上昇が追いつかない速度で、物価上昇が続いています。 企業はコスト削減の施策を行なってはいるものの、食料品、日用品、テーマパーク料金、車両価格といったあらゆる商品・サービスが価格改定を行なっています。 消費者が購入す […]

AI規制を世界の動向から考える:制御と活用の道

AI規制やAI関連法案の整備が進んでいます。EUでは「AI Act」が可決され、諸外国でAI規制の一律化や法整備が進められています。日本でも、G7広島サミットにおいてAI規制が議題となり、「広島AIプロセス」の創設が年内 […]

サブスクECはZ世代を中心に利用が拡大。9型に細分化され決済も多様化

サブスクECを利用する消費者は、Z世代や子育て世帯を中心に増加しています。 定番の動画配信サービスや食材の宅配サービスだけでなく、ペット用品や幼児向けの知育玩具、アパレル商品のレンタルし放題サービスといった新しい形のサブ […]

ステマ規制が10月から施行。インフルエンサーの新たな活用法を探る

PRである事を故意に分かりにくくした広告であるステルスマーケティング(以下ステマ)を規制する法律が、2023年10月から施行されます。 ステマは、正しい情報を求める消費者の利益を損なうだけでなく、事業者の公正な競争を妨げ […]

リテールメディアが景気浮揚の端緒となる施策に

リテールメディアは、実店舗で得られる商品データや顧客データを参考にして行う広告手段全般の事を意味します。 直訳すると「小売の情報媒体」という言葉になりますが、これの意味するところは、店舗内に設置しているデジタルサイネージ […]