タグ:リテールトレンド

2022年に予測されるリテールトレンド。チャネルの融合と拡張が進む

2020年に引き続き、2021年もコロナウイルスが世界に大きな影響を与えた一年となりました。激変の2020年に続く2021年。この二年間で新しい生活様式として定着したものもあり、そこから2022年の小売業界のトレンドも予 […]

店舗にフルフィルメントを持たせる意義とは?成功事例や戦略のポイントを解説

「コロナ禍で実店舗の存在感が薄れてきた」「店舗の価値を再度見直したい」 と考える経営者、店舗運営責任者の方も多くなってきています。消費者の購買行動が変化した今、実店舗の在り方も変化しはじめています。店舗にフルフィルメント […]

インターネット広告は新時代へ。オンラインとオフラインの融合で変わる広告配信

インターネット広告は、生活スタイルの変化によって急速に市場規模を拡大させています。 数年後にはさらに伸長すると予測されていますが、Googleのサードパーティcookie廃止に伴い、インターネット広告手法を検討する必要が […]

医薬品分野のEC市場が伸長。ニーズに合わせた顧客体験の提供を模索

医薬品は、ドラッグストアや薬局で購入するというイメージが一般的ですが、2021年8月1日に施行された「改正薬機法」によってオンラインで購入することができるようになりました。 スマホなどから薬剤師によるオンライン服薬指導を […]

無人店舗から広がるマイクロマーケットの可能性。顧客体験はどう変化するか

マイクロマーケットは、「小さな商圏」に特化することで今の時代に即したビジネスを展開できる可能性をもっています。 コロナ禍でデジタル化が急速に進んだことで、消費者の購買行動は大きく変化しました。買い方の変化に合わせて、企業 […]

サードパーティーcookie制限から考えるマーケティングのあり方

ユーザーが意図しない場所で使われるサードパーティーcookieは、廃止に向けて進んでいます。 サードパーティーcookieをリターゲティング広告やマーケティングに使っていた企業は、その手法を変えなければいけません。 サー […]

不正検知でブランドを守る 不正取引の実態最新動向をチェック

過去の取引データなどによって危険性を判断する「不正検知」は、円滑にクレジットカード決済を実施するために重要なシステムです。 コロナ禍によってオンラインショッピングやテレワークが急速に普及したことで、不正アクセスや不正取引 […]

特商法改正案による影響を考える。ECサイトは改修が必要?

政府が2021年3月に閣議決定し、今国会中に成立を目指す特商法改正案。初回無料やお試しサンプルといった広告で、消費者の意に反する高額な定期購入契約を結ばせる悪質な業者の手口を阻止するための案が出されています。 注目したい […]

世界の小売売上ランキングから測る2021年の傾向

世界中がパンデミックとの戦いを余儀なくされた2020年。小売の売上も大きな影響を受けました。 ですが、全世界のすべてが減収傾向というわけではなく、活路を見出したり「巣ごもり」需要に即応したりと、増収を達成したところも少な […]

続く小売業界の独自決済導入 その狙いとメリットは

2度目の緊急事態宣言が継続されるなど、コロナ禍の影響によって実店舗への客足が鈍ると同時にECチャネルの利用率が高まる傾向にある中で、なお好調を維持し続ける小売企業があります。 ユニクロや無印良品はその筆頭と言えるでしょう […]