タグ:デジタルシフト

現場の声を反映した店舗アプリを活用して顧客体験を向上させる

店舗アプリは、顧客体験の向上やマーケティング展開に不可欠な要素になっています。 さらに昨今では、店舗アプリによる業務効率化の可能性も注目されてきました。 店舗アプリというと、ショップカードとしての活用や、顧客のリピート促 […]

【2022年最新】免税販売はどうなる?今後の見通しと免税電子化をご紹介

「コロナ禍ですっかりインバウンド需要がなくなった」 「今後免税販売をどうすべきか悩んでいる」 とお悩みの方へ。 2019年以降の入国規制ですっかりインバウンド需要が蒸発し、免税販売は大幅に縮小されています。しかし2022 […]

小売店がオープンデータをDXに活用するには

国や官公庁が公開する「オープンデータ」には、企業がビジネスを成長させるために必要な情報がたくさんあります。しかしデータを公開する自治体側と利用する企業側の両方において活用は芳しくなく、様々な課題が残っている状態です。 デ […]

2022年に予測されるリテールトレンド。チャネルの融合と拡張が進む

2020年に引き続き、2021年もコロナウイルスが世界に大きな影響を与えた一年となりました。激変の2020年に続く2021年。この二年間で新しい生活様式として定着したものもあり、そこから2022年の小売業界のトレンドも予 […]

コード決済もDX化促進のツール。コード決済利用増にみるマルチ決済の可能性

QRコード*やバーコードを使う「コード決済」は、非接触で決済できることからコロナ禍で急速にニーズが高まりました。 コード決済事業者は、加盟店に対して期限付きで手数料を無料にしたり、利用者にポイント還元などのインセンティブ […]

医薬品分野のEC市場が伸長。ニーズに合わせた顧客体験の提供を模索

医薬品は、ドラッグストアや薬局で購入するというイメージが一般的ですが、2021年8月1日に施行された「改正薬機法」によってオンラインで購入することができるようになりました。 スマホなどから薬剤師によるオンライン服薬指導を […]

OMO時代だからこそ高まるオーダーマネジメントシステムの重要性

2020年度のEC市場規模は2019年度比2.6%増の20兆円になる見込み(2020年12月段階)との予測が出されました。また、オムニチャネル・コマース市場は56.7兆円と、コロナ禍の中でも前年度より伸長する推測となって […]

リユースと買取の今。テクノロジーと異業種協業でさらに業績拡大傾向

リサイクルやリユース品の需要が増え、業界の拡大傾向が続いています。 CtoCフリマアプリの利用が消費者の間で一般化したことで、リユース品への抵抗を感じる人も少なくなってきました。 また経済状況の悪化やSDGsへの意識の高 […]

OMOが業界を変える。アパレル企業が進めるビジネスモデル変革

国内でもあらゆる業界でDX(デジタルトランスフォーメーション)が進んでいますが、アパレル業界も例外ではありません。顧客の消費行動の変化に伴い、ビジネスモデルを変化させるブランドが増えています。 中でもオンラインとオフライ […]

実店舗へ回帰する消費者たちは「デジタル消費者」である

「コロナが明けたら消費者は店舗に帰ってくるだろうか」 「コロナ後にどう業績を回復させよう」 とお悩みの方へ。 コロナが明ければ、消費者は実店舗に回帰する見込みがあります。消費者のリアル回帰はウェルカムバック・チャンスとし […]