新着記事

小売の課題を解決し、新たな顧客体験を生み出すリテールテックの持つ力

リテールテックは、小売の店舗運営や管理だけでなく、顧客体験に新たな改革をもたらす技術です。 人手不足をはじめとする小売業界の課題を解決し、業務効率化をもたらすリテールテックは、中国、米国で開発の動きが活発化しています。 […]

続きを読む

DXツールで旧態依然の業務過多状態からアップデート

業界を問わず、日本社会全体が慢性的な人手不足に悩まされている今、企業は人的リソースや時間外労働に頼らず、今よりも少ない人数でスムーズに回せる新しいシステムの構築を求められています。 少子高齢化が加速度的に進むこれからの日 […]

続きを読む

ショールーミングはIT技術と共に進化する:次世代コマースに独自の強みを持たせる時代へ

IT技術の進化とともに進化しているショールーミングは、コロナ禍を経てますます拡大しています。 小売の戦略がO2O、オムニチャネルの考え方からOMOへと進化したように、ショールーミングをはじめとした次世代コマースも、現在進 […]

続きを読む

災害やパンデミック、サイバー攻撃。経営者が知るべきサプライチェーンリスクとその対策

サプライチェーンリスクとは、製品調達から販売までの一連のプロセスにおいて、停滞したり途絶えたりするリスクを指します。 自然災害やパンデミック、テロなどでサプライチェーンリスクが発生することもありますが、最近ではサイバー攻 […]

続きを読む

サードパーティcookie廃止に向けて 位置情報で次世代マーケティングを展開する

広告やECサイトのログイン機能に役立っているサードパーティcookieですが、いよいよGoogle Chromeでも2024年後半に廃止される事が決定しました。 代替技術としてGoogleはプライバシーサンドボックスを提 […]

続きを読む

無人店舗が全国に拡大する理由は 課題と構築のポイントも解説

レジや接客を担当する従業員がいない無人店舗は、非接触性・非対面性の高さからコロナ禍でも急成長しました。 行動制限がなくなった今では、無人店舗が人手不足解消やコスト削減、混雑回避や営業時間の拡大といった多くのメリットがある […]

続きを読む

EC化率は2050年には39%へ。これからのECリニューアルは目的に合わせた進化がマスト

国内外で、ECサイトをリニューアルする動きが活発化しています。 90年代半ばから2023年まで、時代の流れとともに進化し続けてきたECとECサイトですが、ここへ来てAI等新たなデジタルテクノロジーを組み合わせて、さらなる […]

続きを読む

小売店が銀行とつながるエンベデッドファイナンスの技術。独自決済が増えた理由とは

エンベデッドファイナンスとは「組み込み型金融」と呼ばれ、企業が自社サービス内に金融機関を組み込む技術です。事業者はこのエンベデッドファイナンスによってよりシームレスなサービスを提供できるようになり、消費者のCX向上に貢献 […]

続きを読む

商習慣の見直しで適正在庫を保つ。物価上昇と物流課題に負けない戦略を

天井の見えない物価上昇と、2024年問題が迫り来る小売業にとって、どのように利益を追求するかは非常に難しい課題と言えます。 この苦境を勝ち残るために注目されているのが、在庫リスクの低減と適正在庫を保つためのシステム整備で […]

続きを読む

デジタルシフトで新たな次元へ、次世代コマースとその未来

コロナ禍でEC利用は拡大し、店舗での購買行動でもキャッシュレス決済が全体の約60%を占める等、小売の現場全体でデジタルシフトは進んでいます。アフターコロナのEコマースは、「何でも、いつでも、どこでも」買えるEコマース3. […]

続きを読む