新着記事

消費者が買いたい時に買えるECを。購買までの動線をどう設計するか

リアル店舗に客足が戻り始め、消費者はオンラインとオフラインを自由に行き来するようになりました。オンラインにおけるタッチポイントも増え、購買動線の見直しが必要です。しかし、購買動線が多様化しすぎて対応しきれていない方も多い […]

続きを読む

2023年は越境ECの始め時!市場の動向や売れ筋商品をご紹介

円安やウィズコロナといった要因により、2023年以降は越境ECを始めるのに良い流れが生まれています。すでに越境ECで売り上げを伸ばす国内企業も増えており、本格的に検討している企業も少なくありません。 越境ECで成果を上げ […]

続きを読む

キャッシュレス決済の現状は?クレジット以外の普及状況を調査

キャッシュレス決済といえば、日本ではクレジットカードが主流です。しかし生活様式の変化やスマートフォンの普及に伴い、様々なキャッシュレスサービスが誕生しています。 キャッシュレス決済が進めば、消費者にとって利便性の向上やポ […]

続きを読む

在庫課題の解決を実現する需要予測と管理システムはDXで進化する

大量の在庫は、企業にとって悩みの種です。 特に近年では、SDGsの観点から不良在庫の廃棄は好ましくないという風潮が高まったこともあり、廃棄ではなくリサイクルや寄付といった無駄にしない取り組みを検討するよう、強く求められる […]

続きを読む

最新の消費者動向を解説。今見直したい店舗における消費者の購買行動

コロナ禍による行動様式の変化などが影響し、消費者動向は大きく変わることとなりました。消費者はオンラインとオフラインを自由に行き来しており、その時のニーズに合わせて適切なチャネルで消費行動を取っています。 この記事では、小 […]

続きを読む

小売業界のIT投資は23年以降も増加、DX化のための投資計画

2023年度以降も、世界でIT投資(デジタル投資)の金額が増加していく見通しです。 小売業界では、今後サイバーセキュリティに関連した項目に費用をかける計画を持っている企業が多いことが判明しました。 IT投資を行ってDX化 […]

続きを読む

拡大するBtoB ECとDX化、変わる社会の中で

BtoB ECは、ビジネスのデジタル化によって着実にニーズを伸ばしてきました。 2023年に施行される予定のインボイス制度、2024年に予定されているISDN回線のIP網化とそれに伴うEDI(電子データ交換)の廃止によっ […]

続きを読む

メディアコマース潮流:ストーリーを作り出す力

ECサイトやオウンドメディアを統合する「メディアコマース」の注目が高まっています。ECは「今すぐ客」、オウンドメディアは「見込み客」とターゲットが異なる2つのメディアですが、メディアコマースとして統合することで様々なメリ […]

続きを読む

プラットフォーマー規制は広告も対象に。諸外国でも巨大IT規制強まる

デジタルプラットフォームは、事業者と消費者を結びつける場であり、デジタルで商品やサービスを取引する上でなくてはならない存在です。 しかし、影響力が強くなりすぎたゆえに、一部の巨大IT企業による市場の寡占状態が懸念されてき […]

続きを読む

【2022年版】国内EC市場は今後伸びる?新興市場も調査しました

国内ECの市場規模は年々伸びています。主要国の中でもEC化率は低く“伸びしろ”が大きい日本。コロナ禍による自粛が明けて特需は落ち着きましたが、今後も成長し続けるビジネスです。 この記事では国内EC市場の伸び率やEC化率、 […]

続きを読む