エスキュービズム・ブランド

社名の由来

エスキュービズム=S × Cubism

3つの「S」

ビジネスの本質である「よりよいモノ」に必要な3つの価値、

  • Surprise(期待を超える)
  • Solution(課題を解決する)
  • Story(世の中に応える)

を大事にしています。

Cubism

=手法(技術)や視点を組み合わせ、新たな価値を創造していく

キュービズムとは、20世紀初頭にピカソ等によって創始された
様々な角度から物の形を把握し、一つの画面に表現するという手法です。
それまで「あたりまえ」とされてきた1つの視点から描く手法ではなく
新たな気づきをアートの世界に持ち込みました。

エスキュービズムは、今まで「あたりまえ」とされてきた既成概念を疑い
自社独自の技術と視点(社員)を組み合わせることで
「よりよいモノをより適正な価格で提供する新たな仕組み」を創造します。

事業スローガン「今ある課題に、まだない技術を」

インターネットが登場してからの技術の発達は非常に目覚ましいものがあります。
しかし最先端の技術を開発することが目的となってしまい、
まるで流行のように技術が消費され、忘れ去られてしまうことも多々あります。
私たちは、技術はあくまで手段であり、
「世の中をよりよくできるか」が最も大事であると考えます。
だからこそ、世の中をもっとよくするために課題となっていることが何かを見極め、
今まで解決されていないその課題に対して、弊社の持つ技術で新たな答えを導きます。
そうして世の中の発展に応えていく、そういう想いを込めています。

「今ある課題に、まだない技術を」イメージ