S-cubismS-cubism

仕事も家庭も大切にしたい。

パートナー営業 平田 依里朱 関西学院大学経済学部卒
在学中にブリティッシュ・コロンビア大学に交換留学。
現在はPartner Alliance部にて大手SIerやコンサルティングファームとの関係構築を担当。

仕事も家庭も大切にしたい。

パートナー営業

平田 依里朱

関西学院大学経済学部卒

在学中にブリティッシュ・コロンビア大学に交換留学。現在はPartner Alliance部にて大手SIerやコンサルティングファームとの関係構築を担当。

将来のために成長スピードを上げる。

私がエスキュ―ビズムに入社した理由は、自分を1番高められる環境に身を置きたかったからです。元々、就活を始めた時は金融や商社を中心に活動していました。話を聞いていく中で、そういった企業は年次で段階的な成長を促す会社が多かったし、インターンシップに参加すると「ガラスの天井」を感じるシーンが多々ありました。

結婚・出産しても仕事で活躍できる女性になることが私の目標です。自分のキャリアも大切にしたいし、家族との時間も大切にしたいです。その為には、まずは育児をする前に仕事ができるキャリアウーマンに早くなりたいと思いました。今の時代、ゆったり仕事をする会社にはいつでも入れる。だけど、そういった会社にいては20代の成長スピードが遅くて、結婚と出産までに理想の自分になるのは間に合わないと思ったのです。IT業界で働く女性はまだまだ少ないのでチャンスだと思い、業界の中でも成長スピードの速いエスキュ―ビズムを選びました。

だれよりもカレンダーを埋める。

私は総合職として入社し、これまでずっとパートナー営業を担当しています。Partner Alliance部ではパートナー開拓・代理店サポート・セミナー企画など協業に関する業務だけでなく、社内の営業のサポートもします。この部署は私が入る直前にできた部署で、ノウハウも少なく1から自分達で作り上げてきました。新規営業のSales&Consulting部に比べ、結果がすぐには出にくい部署でもあります。本当に長い時間軸で、地道にコツコツと関係の深いパートナー企業を増やしていくことを目標としているため、毎日パートナーと会うように心掛けています。また、最近では部署主催のセミナーの企画・運営を担当しています。セミナーの企画を1から任されたことは初めてで、多くの方にご協力いただきました。最近企画したセミナーでは申込み人数が定員を大幅に上回り、参加者からは「面白かった」「顧客に紹介したい」などの声がありました。セミナーのゴールは案件に繋げることなので、出席者だけでなく欠席者に対するフォローにも力を入れていきたいです。

女性だからできないとは思わない。

やはり営業職なので外出することが多く、パートナーと常に繋がっていることが求められます。体力を使う仕事ですし、人と会うことが好きでなければ務まらないと思います。このEC業界では女性の営業職はまだ少なく、パートナーから女性の担当者が1人で来るのは珍しいね、と言われたこともあります。お会いするのはかなり年上の方や業界に精通している方が多いので、しっかりとお話ができるように日々勉強しています。しかしながら、女性担当者1人でのやり取りでは、不安を感じる企業も少なからずいらっしゃいます。そういった時は、安心していただくために、大切な商談の際には上長を連れて行くなど工夫をしています。営業職である以上、若い女性であるということが不利になる場合もあります。しかし、うまく立ち回る事で困難を乗り越え、自身の目標をクリアしていけるようなキャリアウーマンになりたいと思っています。