S-cubismS-cubism

S-cubism NOW

1回の大拡散よりも、ちょこちょこ話題になる会社のほうが良くない?エスキュービズム広報担当。

こんにちは!広報部のこむろです。
いつも社内の人を捕まえては、根掘り葉掘りインタビューと称しプライベートな事まで聞いているので、
さすがに「自分の事も書きなよ!」という目線を感じるようになりました。インタビュアー:自分、回答者:自分という自問自答スタイルで、アケスケに送りさせていただきます。

(※自問自答しているので、写真はポーズです)

ーなぜエスキュービズムに入ったのですか?

私がエスキュービズムを知ったのは、TVで取材されていたのを見た事がキッカケです。そして転職しよっかなーと思ったタイミングでWantedlyやGreenを見ていて、名前を知っていた会社だし求人を見つけて、とりあえず『話を聞きたい』と押してみた事が始まりです。

話を聞きにエスキュービズムを訪れ、ノリの良い人事と、今同じ部署で働いているコーポレート・コミュニケーション部(広報)部長と話が盛り上がり、気づいたら入社してました。

ーもともとIT系に興味があった?

いや、実は動機が不純なのですが、IT自体に興味があったのではなく、当時お付き合いしていた人がエンジニアをしていて、エンジニアという職業やIT業界というものの知見を深めたかったので、この業界に入りました。

私は新卒でPR会社に入り、時計や車など嗜好性の高い(ラグジュアリー系)製品を担当した後、法律事務所でタレント弁護士の広報兼マネージャーをしていました。元々、BtoBよりもBtoCの形ある商品のPRが中心でしたし、タレント弁護士のいる法律事務所や芸能関連の会社にいたことも有り、エンターテイメント領域のほうが得意ではあります。

ただ、今となってはエスキュービズムに決めてよかったと思います。

ーどういったところで決めてよかったと感じていますか?

エスキュービズムの事業自体がいわゆる水物ではなく、インフラに近い領域だった事が良かったと思っています。嗜好性の高い商品は、時代にマッチすれば大きく利益を出す可能性を秘めているし、社会的にインパクトは残す事はできるけれど、栄華は長くは続かないと思っています。

エスキュービズムが得意としていて、顧客や事例として多いのは、小売りや物流業界です。今Amazonなどの影響を受け、環境がものすごく変化している業界でもあります。この変革期において、自身の会社の新しい技術や施策たちを、どのように社会に根付かせていくか、といった所で面白みを感じています。

また、もう一ついいなと思うところはネタが付きないところです。広報の「腕の見せどころ」としてよく言われるのは『会社の新製品がないとき』と言われるくらい、PRするものが無い時はとてもつらいのです。エスキュービズムは、新規事業や新技術、新サービスがいくつも同時に走っているので、定期的に途切れず発表するものがあります。本当に開発の方や企画担当の方々が素晴らしいので、ちょっと気持ち的に楽をさせてもらっています(笑)

ーさて小室さん、みなさんが知りたいであろう、あの話をそろそろ…

そうですよね、小室さん。やはり求人SNSのWantedlyですものね、みなさん気になっているであろう、お金の話をしましょう。この話題は記事にしていいよ、という人が少ないので率先して私が書きましょう。
ぶっちゃけた話、私は『年収は特筆するほど上がっていないが、格段に残業が減りました』。これは、事実上の賃上げと言えるのではないでしょうか。

あと自分以外では、この前聞いてびっくりしたのは、新卒で入って「めっちゃ頑張って働いたら数年で月収2倍になりました」という話ですね。頑張ったらちゃんと給料があがるのは夢があるな、とワクワクしますね。

ー残業減ったんですか?

ええ。減りましたね。エンターテイメント業界にいた時は、家に出勤・会社に帰宅している状態でしたので、それに比べたら、まあ最高といっても過言ではありませんね。

エスキュービズムは自身の働き方を尊重してくれる側面が強く、女性など家庭がある人は、「私はこういう働き方やで。」とちゃんと示せば受け入れてもらえる雰囲気がある会社ですね。例えば、子育て中の方など。)なので、入社前にしっかり話し合った働き方は守られるし、早く帰ったから責められるような事もありません。

もちろんリリース前後はバタつく事はありますが、役職に就いている方やガッツリ前線で活躍している男性社員の方も、土日は基本的に休みなので、家族と海に行った話やお菓子作りをした話などをよく聞きますね。

(私も毎週、土日は愛犬と散歩に行って、のんびり歩いたりしています。)

ーでは、エスキュービズムに入社してよかったと思っていますか?

そうですね。それはすごく思っています。事業的にもこれから、どんどん伸びていく分野なので今後が楽しみです。それに伴って会社もどれくらい成長していくのか、とワクワクしています

また、これだけは伝えたいと思っていたのですが、なんかね、エスキュービズムで働いてる人、いい人多いよ。って。もちろん個人の主観ですし、個人の人間関係で感じ方は変わると思いますが、あえて言うならば落ち着いて気持ちのいいコミュニケーションを取ってくれる方ばかりなので、とても穏やかな気持ちで毎日が過ごせています。

会社の雰囲気って入ってみないとわからない部分って大きですよね。ぜひ、一度弊社に遊びに来ませんか?社内や働いている人をご紹介しますので、この雰囲気を感じてください。

関連記事