S-cubismS-cubism

2018卒新卒同期対談

小林直毅×山田琢雅

2018卒 新卒同期対談

小林 直毅 × 山田 琢雅

インタビューしたのは、2018年新卒で4月に入ってきたばかりの2人。エンジニアの小林と総合職の山田は、考え方や価値観が真逆と言っても過言でないくらい違う。正反対の2人がどうしてエスキュービズムを選んだのか。そして、どのように成長していきたいのか。

Q. どうしてエスキュービズムを選んだのですか?

小林:僕は専門的にシステムエンジニアとして力をつけたいと思ったからです。子会社があるような大きなシステム会社だと、自分で手を動かす機会も少ないのではと思い、就職先はベンチャーで探していました。エンジニアとして独り立ちすることが、まずクリアすべき1つ目のステップだと思っています。最終的な将来像については技術力を磨いていく中で決めていこうと思っていますが、技術的にできる事を増やして、まずは自身でプロジェクトをまわせるようになる事を目標としています。その為にも、1番成長できそうだと思ったエスキュービズムに入社を決めました。

業務を通して、WEBの開発だけでなく基幹システムの知識や技術も身に付け、ゆくゆくは自身が興味のある統計の分野も面接時に関われると聞いているので、そういった所も期待しています。

山田:僕は小林くんとは対極で、職種問わずいろんな事を幅広く経験してみたいと思っています。実は、就活時エスキュービズムを知らなかったのです。就活も人よりのんびりやっていた部分があって、とりあえず採用サイトを見て『面白そう』って思った会社の説明会に行ってみようと探していた中でピンっと来たのがエスキュービズムでした。

説明会に行ってみて、実際に代表の薮崎さんのお話を聞いたら、やっぱり『面白かった』。いろいろな事業をやっていて、たくさんの経験ができる会社だと思ったので、そのまま面接に挑みました。面接でポジティブに何でもやってみたいという考えを話したら、受け入れてもらえたのも印象的でした。僕は大学時代ずっと部活動をやっていただけで、社会のこともまったくわからないので、自分は『○○職』と選択肢を狭めたくありませんでした。社会を知っていく中で、たくさんの経験をしてから、自分の専門性を決めたいと思っています。

Q. 今後の目標はなんですか?

小林:指導にあたってくれている先輩方はやさしい方が多いですし、話すと理解してくれる方が多いので、相談しやすくてとても良い環境だと思っています。もしかしたら欲張りなのかもしれませんが、僕は自分が働く『環境』というものを重視しています。落ち着いた雰囲気で、腰を据えてスキルや技術を学んでいける環境がエスキュービズムにはあると思っています。なので、この環境を最大限活用し、社内だけでなく社会全体で活躍できるようなエンジニアになっていきたいです。

山田:今は名刺の管理など、任せてもらえることは簡単な事が多いですが、すべてが新鮮でとても楽しいです。僕の良いところは、ポジティブに自分のいる環境を楽しめる所だと思っているので、ひとつひとつ楽しみながら沢山の事を学んでいきたいです。 また、業務を通じて他部署の方など、社内のたくさんの人と話す機会を頂いているので、それを大切にしていこうと思っています。自分は好奇心が旺盛な方だと思っているので、与えられた事だけでなく、周りをよく見て視野を広げて行きたいです。

プロフィール

小林直毅

小林直毅

青山学院大学

経営学部にてマーケティングについて学ぶ。学業の傍ら、独学でプログラミングを勉強。

山田琢雅

山田琢雅

筑波大学

社会国際学群にて東洋政治について学ぶ。大学時代はアイスホッケー部に所属。