S-cubismS-cubism

プロジェクトの最初と最後を意識。

プロジェクトマネージャー 飯島 照之 電気通信大学大学院卒
2016年新卒エンジニア職として入社。
現在はPMとしてチームをまとめあげ、既存案件の保守を担当。。

プロジェクトの最初と最後を意識。

プロジェクトマネージャー

飯島 照之

電気通信大学大学院卒

2016年新卒エンジニア職として入社。現在はPMとしてチームをまとめあげ、既存案件の保守を担当。

目標に対して順調に成長できる。

僕は大学でプログラミングを学んでいて、得意としていたのはPythonでした。Eコマースの分野やPHP言語は触った事がなかったのですが、会社説明会でエスキュービズムの話を聞いて、様々な事業をやっていて面白い会社だなあと思い入社しました。
将来設計として、ゆくゆくはインフラまわりに強いPMになりたいと思っていました。入社してから多くの開発案件に参加させてもらい、エンジニアとしてスキルアップをしてきました。エンジニアとしてもう少しスキルを洗練させたい気持ちも有りましたが、ある既存顧客の案件(保守・新規)のPMをしないかとチャンスを頂き、入社から3年目でPMのポジションに就くことができました。

「期待」というプレッシャーを超える。

この2年間エンジニアとして、規模が大きい案件や難易度のむずかしい案件に呼んで頂く事が多かった様に感じます。任せてもらえるという「会社の期待」に答えてきた結果、大手企業などで段階を踏んで成長している人に比べ、自分は格段にスキルが付いたと自信を持って言えます。PMになった今その多くの経験を生かし、案件のスタートとゴールを明確にして、スムーズな開発の流れをつくるマネジメントができるようになったのだと思います。
今担当している案件は、以前とても信頼のできる先輩がいたポジションでした。最初この案件のPMを任される時は、先輩のようにチームのリーダーとして引っ張っていけるか、やはり不安でした。しかし、これまで多くの現場を経験して、大小トラブルも超えてきたので、チームのみんなと協力し周りの期待に答えていこうと思います。

やりたいといえば、やらせてくれる環境。

先日お客様の店舗に出向き、スタッフの方から既存システムの使い心地やもっと欲しい機能などを聞く機会が有りました。そのヒアリング内容を元に、新規開発案を提案し、発注を頂くことができました。そういった瞬間は、やはりとても嬉しいです。個人的に興味のあることや新しい技術など「提案したい」と思えば営業じゃなくても自由にできる環境があります。今担当しているお客様は新規開発なども多いですし、今後もPMとして業務知識を付けて、新規開発の提案や運用中のシステムの基盤をより整えたりすることで、成果を上げていきたいです。