S-cubismS-cubism

やりきるためにマインドセットする。

ITコンサルタント 菅澤 想 大阪大学大学院卒
2017年新卒入社。工学研究科 環境エネルギー工学専攻。
現在はエンタープライズ開発本部にてITコンサルタントとして従事。

やりきるためにマインドセットする。

ITコンサルタント

菅澤 想

大阪大学大学院卒

2017年新卒入社。理工学専攻。 現在はエンタープライズ開発本部にてITコンサルタントとして従事。

大手志望が多い中で、あえてのベンチャーヘ。

僕が通っていた大学は校風として、いわゆる大企業を選ぶ人がとても多い環境でした。そんな中、学部卒の友人が先に社会人となり、ベンチャー企業に入社しました。その友人に誘われ、ある就活イベントで話を聞いたことがきっかけで、大手企業に入ることを目指していた僕の気持ちに変化がありました。

イベントで話を聞いてみて、ベンチャー企業には仕事に対して、やりがいや楽しさを感じている人が特に多いと感じました。『生活の為の仕事』ではなく、人生の中でその仕事をすること自体が喜びであったり、毎日会社に行くことが楽しいと感じるような働き方を、僕もしたいと思うようになりました。

その中でも、エスキュービズムを選んだ理由は、『新しい世界を見せてもらえる』『知らなかったことを知れる』と思ったからです。ベンチャー企業を調べていく中で、その会社の事業を見てみると、扱っているジャンルが違うだけで根本は結局同じ事をやっている会社が多く、エスキュービズムの説明を聞いた時、「その枠を超えてきたな」と思ったのを覚えています。様々な事業を行っていて、たくさんの『新しいもの・知らなかったこと』を見せてくれるのはエスキュービズムだと思い入社を決めました。

主語を会社にして語りたい。

元々体育会系の思考なので、目標を決めたらそこに向かって突き進むという自信はあります。何をやりきるのかというと、もちろん日々の業務もそうですが、最終的に大きな目標としては『会社を幸せにすること』を実現したいと思っています。外部の人から見て「エスキュービズムっていい会社だね」って言ってもらいたいし、社内で働いている人が生き生きと仕事ができる様な環境や雰囲気を、もっと自発的に作っていきたいと思っています。

社外に向けて『主語を会社にして事業を語ること』もできるようになりたいと思っています。会社のことや事業のことをしっかりと理解しないとできないことだと思うし、会社の理念に共感して、自身の行動に落とす事ができると、会社の規範としてみんなを引っ張っていけるのではないかと思っています。

また、日々の業務の面では、『自分だからこそできる仕事』を作っていきたいと思っています。今ITコンサルとして大きな企業様の案件を2件担当させてもらっていて、システム構築に関わっています。しかし、まだ部長や先輩の手伝い的なポジションで関わっているだけなので、まずは自身がフロントに立ってお客様の要望を聞きながら、要件定義などをまとめられるようになりたいです。

仕事を通じて好奇心を刺激する。

この1年間、エスキュービズムは土日が完全に休みなので、休日は自身の好奇心を刺激するように読書や情報収集を行ってきました。今後は仕事を通じてワクワクできるような事を探していきたいなと思っています。僕は海外に興味があるので、仕事と趣味の垣根を取っ払い、例えば「越境EC」だとか、自身が興味のある分野を絡めつつ、エスキュービズムで実現ができそうな事を見つけて提案していきたいです。その為にも、社内で知見がある人を見つけて知識を吸収して、さらに成長していきたいと思っています。