S-cubismS-cubism

仕事は成長のシャトルラン。

新規事業企画 中西 刀麻 慶応大学卒
法学部政治学科にて計量政治を専攻。
現在は社長室にて大手企業をメインにアライアンスの強化を担当。

仕事は成長のシャトルラン。

新規事業企画

中西 刀麻

慶応大学卒

法学部政治学科にて計量政治を専攻。現在は社長室にて大手企業をメインにアライアンスの強化を担当。

肩書ではなく、『自分』で戦いたい。

エスキュービズムで働こうと思ったのは、若手が任される裁量の大きさや、リーダーに抜擢されるスピード感が、自身の成長イメージに合っていたからです。僕は元々、自分が主体となり、自らのアイデアで社会に影響を与えるようなことをしてみたいと思っていました。ビジネスという文脈で言うのであれば、新しい事業をつくったり、既存事業での新施策の実行を通して社会を動かしていく事に興味がありました。いち早く事業の企画や、既存事業の新施策実施など、ビジネスの上流に主体的な立場で携わるために、自身がスピード感をもって成長できるような環境で働きたいと思っていました。

成長するためにも、肩書に頼るような仕事の仕方はしたくなくて、ベンチャーであるエスキュービズムに入社しました。それこそ、「大手企業」や「難関大学」出身という肩書は、事業を始めたりする時に有利に働くこともあると思います。しかし、肩書という武器に頼りながらでは、本質的な実力を磨くことに対して甘えてしまうのではと思い、最初のキャリアにおいてはあえて武器を放棄するという決断をしました。学歴や、留学経験などのラベルの持つ強さをよく知っているからこそ、そのような武器を持たず自分の力で勝負していく事に不安や悩みもありましたが、入社してからは早く自分の実力に自信を持てるように、できる限りの裁量や責任を追求しながら仕事に取り組んできました。

毎回、今回が1番成長したと思う。

総合職としてエスキュービズムに入社してから、広報・人事といったバックオフィス系の部署から始まり、営業やITコンサルといったエスキュービズムのコア事業まで様々な部署を経験させてもらいました。入社してからは、ベンチャー企業ならではの目まぐるしい環境の変化や、日に日に増していく裁量・責任が相まって、常に短距離全力疾走の連続ノックというような感じです。さらに、ノックの回数を重ねるたびにコースの障害物が増え、距離が伸びるような感じです。乗り越えた後は毎回、今回が一番成長したなと思います。苦しい場面も多々ありますが、各ノックのたびに学びがあり、乗り越えた後に自らの成長を実感できることに楽しさを感じています。気合や負けん気は強い方なので、次は「もっと早く走れるようになりたい」と、毎回思いながら仕事をしています。

より高い目線でビジネスが見れるように。

今は、新規サービス・ソリューションを企画・開発する部署で大手企業様とのアライアンス推進を担当しています。今担当している案件では、自らが主体となってアライアンスパートナー様との共同サービスの企画提案から、実際の構築までを担当しています。ビジネス要件に係る事業戦略の策定から、システム要件に係るシステム構築プロジェクトの管理までを行っています。現在、複数の施策を同時進行で仕込んでおり、今後が非常に楽しみです。

入社前から事業構想に関わる仕事をしたいという漠然とした思いが有り、エスキュービズムで働いてみて、最近自身が進みたい方向性が前よりも少し明確になってきたと感じています。今後は、担当できる案件や事業の大きさにフォーカスしていき、自分の手で作り上げた事業が世の中に少しでも影響を与えられるようにということを意識していきたいと考えています。これまでも、広く様々な分野の経験はさせてもらいましたが、これからもビジネスに必要な知識を蓄えて、一段階高い視野で社会、会社、事業全体を見る事のできる人材になっていきたいです。