S-cubismS-cubism

ミッションは、出会いの最大化。

パブリシスト 竹井 慎平 京都大学卒
大手広告代理店を経て、2016年エスキュービズムに入社。
コーポレートコミュニケーション部で企業ブランディング、
広報、企画に携わる。

ミッションは、出会いの最大化。

パブリシスト

竹井 慎平

京都大学卒

大手広告代理店を経て、2016年エスキュービズムに入社。 コーポレートコミュニケーション部で企業ブランディング、広報、企画に携わる。

コミュニケーションのプロフェッショナルへ。

僕は大学卒業後に大手広告代理店に就職して、広告をはじめとした企業のコミュニケーション活動に携わりました。そこで医薬品企業や大手自動車メーカーなどを担当し、飛び込み営業からブランドプランニング、クリエイティブ、マーケティング、プロモーションなど幅広く行っていました。

本当の意味での課題解決がしたい。

提案型ビジネスに従事する中で、受託の立場での提案はどうしても与えられた課題に対して、刹那的な解決で終わってしまうことが多く、本当の意味で課題を解決できていないのではないかという葛藤を抱きはじめました。やがて、自身も事業会社に身を置き、企業が抱える様々な課題に内から向き合っていきたいと強く思うようになり転職を決意しました。転職では『おもしろそう!』と思えるかを重要な点として、“変な会社”と感じる企業を中心に受けていました。そのなかでもエスキュービズムは、ECサイトやPOSシステム、家電の製造販売、かき氷マシンの販売、中小企業支援と多岐に渡り事業を展開している、“一言で企業紹介ができない”感じに惹かれ、入社を決めました。

ニュースをつくり、出会いをつくる。

企業ブランディング、広報、企画など幅広く行っているコーポレートコミュニケーション部では、TV番組を一番の情報源に、新聞や雑誌、ウェブ、スマホアプリなどに掲載される情報をタイムリーに幅広く把握しておくことが求められます。企画の立案やプレスリリースを作成するにあたり、“その効果を最大化するためには、どのようなワードを今入れるべきなのか”という事をいつも意識しています。それぞれの媒体はどんな特性を持ち、どんなテーマが情報として価値があり、どんなファクトとして打ち出せば掲載の確度が上がるのか、いつも試行錯誤しています。『掲載してもらうこと』だけを目標とするのではなく、何をどのように露出していくべきかという戦略・戦術を踏まえた上で、ネタの収集・加工、そしてネタ(企画)作りまでを行っています。企業の情報発信に休止期間があってはならないと思っています。そのため、発信するネタ作りの一環として、イベントや商品開発と職種の垣根を超えて、常に仕掛ける仕事に取り組み続けています。僕にとって、広報やマーケティング、営業といった職種は意味を持ちません。自分が仕掛けたいと思ったことを実現するためなら何でもやりたいと思っています。