S-cubismS-cubism

学生と社会人って全然違う。新卒入社から2ヶ月間で僕が学んだこと。

こんにちは!本日は4月に入社した新卒のフジツくんに、
エスキュ―ビズムへ入った理由とどのような研修をしているのか聞いてきました。

―どうしてエスキュ―ビズムを選んだのですか?

ありがとうございます!僕は大学でプログラミングを学んでいて、プログラマーとして就活をしていました。元々、スーパーでバイトをしていたことがありPOSをはじめ、小売業界に興味がありました。そこで、小売業界と通販というものは切っても切れない関係性にあると思い、POSだけじゃなくコマース事業も行っている会社としてエスキュービズムに興味がわきました。

また、自社でパッケージ(エスキュービズムではフレームワークといいますが)を作っている会社が良かったんです。今Amazonなどが台頭してきて、“コマース技術”について世間で話題になることが多いですよね。しかし、話題になる前からずっと通販やっている会社ってどんな感じなんだろう、と興味を持っていました。また、説明会などで話を聞いている中で、そういったAmazonなどのような大きな通販事業会社に対して、どのように対抗していくのか見てみたいと思ったので入社を決めました。

ー入ってみて2ヶ月。どんな研修をしていますか?

言語の技術取得と実践に近い研修を平行してやっています。

僕は学生時代HTMLやJava、Ruby、C、などは触っていましたが、PHPを触ったことがありませんでした。エスキュービズムのパッケージはPHPで作っているので、まずは言語の習得を進めています。eラーニングでの講習や、課題(問題)を解いてみて それに対してフィードバックを頂いたりしています。学生の時には誰かにレビューをしてもらった事がなく、やはり学生とは違って「すごく細かいところまで丁寧に見ているなあ」って感じました。変数名の付け方であったり、ロジックの建て方など、見てもらい指摘してもらうことで本当に勉強になります。

あと、実践に近い研修として、今年の新卒エンジニアは5人なので2チームに別れ、自社のPOSシステムを使って、商品の登録や基本的な設定、クレジットカード決済システム(社外)との連携シュミレーションも行いました。

会社にあるオフィスグリコを商品として登録し、社員のみなさまに買いに来ていただき、動作テスト(実際の販売)もしました。開発本部長 羽生さんをはじめ、本当にたくさんの方に来てもらいました。

そして、今は少しずつ案件に関わらせて頂いています。

2ヶ月たったので、いま開発部で自社のパッケージの改修を行っていて、簡単なテスト作業に参加させて頂き始めました。そして来月から順次、アシスタントとして案件に入らせてもらえることになっています!
エスキュービズムを選んだ理由として、就活の時に1番言われていたのが「学生と社会人は全然違うから、案件にたくさん入れてくれる会社に入るのが一番成長できる」って。なので、実務に入ることをとても楽しみにしています。

ー今後どのように頑張っていきたいですか?

まずは3~5年はプログラマーとして技術の習得と実務知識を付けていきたいと思っています。そして、ゆくゆくは、横田さんのようなPMになりたいです。お客様の要望を聞きニーズを探ることや、問題解決のための設計ができるようになりたいです。

フィードバックを受けていて、本当に感じているのは自分の時間でどれだけ勉強できたか、によって差が生まれてくるなと。社内の研修だけでなく、せっかく東京に来たので、さまざまな勉強会などにも参加して、知識や経験をキャッチアップできるようにがんばります。

関連記事

ページ上部へ戻る