S-cubismS-cubism

【1年働いてみて】この会社愛、君に届け!

こんにちは!
以前、PM・ITコンサルタントとして17度新卒で入社したSOUくんの記事を掲載しました。更新してしまったので掲載日が12月になっていますが、この記事は入社したばかりの時にお話を伺ったものです。
エスキュービズムの社員の成長スピードは『普通の企業の3倍以上』とも言われていて、入社から1年たったSOUくんがどの様に成長したのか聞いてきました。

ーーーーーーーーーー

気持ちの面で、ものすごく変わったところがあります。

前の記事でもお話した通り、僕は大学でアメフトをやっていたので体育会系の思考をしています。なので、目標を決めたらそこに向かって突き進む力が、人よりも強いと思っていました。
そして、この1年で目標を持ってやりきるために、何を目標にするのか考えていました。

そこで、僕が思ったのは日々の業務もそうですが、最終的な大きな目標として『会社を幸せにすること』を実現したいと思いました。一緒に働いている人が好きだし、エスキュービズムで頑張ると決めた自分のためにも、外部の人から見て「エスキュービズムっていい会社だね」って言ってもらえるように、社内で働いている人が生き生きと仕事ができる様な環境や雰囲気を、もっと自発的に作っていきたいと思っています。

そのためにも、社外に向けて『主語を会社にして事業を語ること』もできるようになりたいと思っています。会社のことや事業のことをしっかりと理解しないとできないことだと思うし、会社の理念に共感して、自身の行動に落とす事ができると、会社の規範としてみんなを引っ張っていけるのではないかと思っています。

また、日々の業務の面でも、『自分じゃないと出来ない仕事』を少しずつ増やしていきたいと思っています。今ITコンサルとして大きな企業様の案件を2件担当させてもらっていて、システム構築に関わっています。しかし、まだ部長や先輩の手伝い的なポジションで関わっているだけなので、まずは自身がフロントに立ってお客様の要望を聞きながら、要件定義など対応できるようになりたいです。

仕事を通じて好奇心を刺激する

この1年間、エスキュービズムは土日が完全に休みなので、休日は自身の好奇心を刺激するように読書や情報収集を行ってきました。入社して1年が経ち、社内の人とのコミュニケーションが円滑に取れるようになってきたので、今度は仕事を通じてワクワクできるような事を探していきたいなと思っています。

僕は海外に興味があるので、仕事と趣味の垣根を取っ払い、例えば「越境EC」だとか、自身が興味のある分野を絡めつつ、エスキュービズムで実現ができそうな事を見つけて提案していきたいです。その為にも、社内で知見がある人を見つけて勉強させてもらい、さらに成長していきたいと思っています。

ーーーーーーーー

気持ちの面で、とても変化があったSOUくん。話を聞いていて、彼は学生から社会人になって「がむしゃらに頑張る」というフェーズからは、完全に1つステップを昇ったように感じました。
この“会社を自分事だと思う”という考え方や責任感は、若手と呼ばれる社員で持てている人は少ないのではないでしょうか。新卒がこんなにも逞しく育ってくれて本当に嬉しく思っています。

エスキュービズムには新人を育成・成長させる環境があります!

関連記事

ページ上部へ戻る