S-cubismS-cubism

【セルフレジ出展中!】リテールテックJAPAN2018 -私が感じたトレンドをレポート-

こんにちは!新卒1年目、広報担当野村です。
「リテールテックJAPAN」というイベントに行ってきましたので、ご紹介させて頂きます。

「リテールテックJAPAN」とは、東京ビックサイトで3月6日~9日の4日間行なわれている展示会で

《決済・キャッシュレス化、人手不足対策、オムニチャネル、物流関連システムなど、流通業のサプライチェーンとマーケティングを進化させるIT機器・システム》を紹介しています。

例えば、POSレジやレジアプリ、キャッシュレス決済システムやデジタルサーネーションなど、
200社以上の製品が展示してあるので、小売・流通やITに関係のある方にとって、
とても魅力的な展示会となっています。

エスキュービズムはリテールイノベーションを標榜しており、ECやPOSの開発だけでなくSIや新規サービス開発など、様々な取り組みを行っています。そして今回は、エプソン販売さんと一緒に、新しい【セルフレジ】のデモ機を展示させていただきました。

ここのブースに展示されているセルフレジは、Orange Operationのセルフレジ機能を、エプソン販売さんのレシートプリンターや自動釣銭機に連携したものなのです。ぜひお試しください。

使い方を簡単にご紹介します。

①購入する商品が決まったら、「会計をはじめる」ボタンを押します。

②購入する商品をバーコードリーダーでスキャンします

③購入する商品のスキャンが終わったら、「支払いへ進む」を押します。

④支払い方法を選択します。

④自動釣銭機にお金を入れます。

⑤レシートプリンターからレシートが出てきて、会計終了です。

Orange Operation詳細:https://orange-operation.jp/
セルフレジ詳細:http://s-cubism.jp/pressinfo/press/20180306_01.html

展示されている場所は、RT1403という番号のエプソン販売さんのブースです。是非お立ち寄りください。

***

せっかくなので会場内を見学して来たのですが、
新しいテクノロジーの技術力や小売・流通に関わるシステムの種類の多さに驚きました。

各社の展示を見ていく中で、今回の注目ポイント(トレンド)は、人手不足解消のための「決済システムやレジの無人化や簡易化」「ロボット(AI)活用」の2点だと感じました。

「決済システムやレジの無人化や簡易化」では、サインポストさんのWonder Registerという製品と、大日本印刷さんのICタグや電子透かし技術を使ったカート式の決済システムが、特に興味深かったです。

◎◎サインポスさんのWonder Register◎◎
レジとは思えない、近未来でスタイリッシュなデザインも素敵ですが、商品読み取りの方法がタグやバーコードではなく、AIによる画像解析であるというところに驚きました。
Wonder Registerのサイト:https://www.signpost1.com/wonder/

◎◎大日本印刷さんのRFID決済カート◎◎
カート内に装着されたRFIDリーダーで、カートに入れた商品を読み取ることができるシステムです。カート自体で決済ができるので、レジ待ちのストレスが解消されそうです。

また、「ロボット(AI)活用」は、各社ロボットにセンサーを付けて店舗内を巡回させたり、RFIDタグを読み取らせることで、棚卸し業務を省力化していたり、接客にロボットを活用するなど、問題解決のための様々な工夫を感じました。

◎◎道案内と棚卸しができる自走ロボットSiriusbot◎◎
リテールテックのセミナー「リテールユーザーフォーラム」でパルコの執行役員の方がご紹介されていたSiriusbotというロボット。このロボットは、。パルコさんと日本ユニシスさん、08ワークスさんの3社が東京都立産業技術研究センターと共同開発したものだそうです。
営業時間内はお客様の道案内をし、閉店後は各テナントを回り、商品に付けられたRFIDタグを無線で読み取り、店頭在庫の数量をデータ化し管理ができる優れものでした。
Siriusubotの詳細:https://www.unisys.co.jp/news/nr_171016_robot.html

「リテールテックJAPAN 2018」は、明日3月9日(金)が最終日です!
是非、ご参加いただき未来のお買い物を体感してください。弊社の「セルフレジ」だけでなく、最新の技術やシステムがたくさんあり、新しい発見ができるはずです。

リテールテック公式サイト:https://messe.nikkei.co.jp/rt/

関連記事

ページ上部へ戻る