S-cubismS-cubism

【最強の採用組織を目指す】これからのエスキュービズムの採用

こんにちは!
本日はエスキュ―ビズムの採用企画に、3月より入社した佐々木さんにお話を聞いてきました。

―僕がエスキュービズムに入社した理由。

『採用をやりたかった』という事はもちろんなのですが、採用をする組織を作りたかったという事があります。その点でエスキュ―ビズムは、会社の変化のスピードが速く会社としての変化を受け入れる体制があるので、新しい採用の仕方や仕組みを提案する事ができ、より良い会社(組織)作りができると思ったからです。

ゼロから「最強の採用組織」を作ってみたい。

「最強の採用組織」って一体何なの?って疑問に思われると思いますが、それは「全社員人事化計画」という壮大なプロジェクトを思案しています。全社員が採用に対してコミット…と、までは行かないかもしれませんが、積極的に参加してくれる様になる事を目標としています。

今後社員に面談や面接へ積極的に参加してもらう事で、「自分の仲間を探し」をしている感覚を持ってほしいと思っています。そうすることによって、ポジティブで前向きな採用ができ、社内が一体化できるのではないかと思っています。

―新しい採用・全員が働きやすい環境づくりを

今春からエスキュ―ビズムの採用の概念をガラリと変えようと思います。人材の獲得にコミットした組織から、入社した後も幸せが続くような、入社後のフォロー体系を構築しようと思っています

それを実現するため、様々な研修を増やして行こうと思っています。これまでにも新卒・中途問わず、入社された方へのオリエンテーションはありましたが、それだけに留まらず今後のキャリアプランに関してディスカッションする時間や、今後やってみたい仕事や勉強をキャッチアップしてマネジメント層に共有していく場を作っていきたいと思っています。

私は以前、人材派遣の会社で働いていましたが、あえてインハウスの人事に入りました。入った理由は、自身が所属している組織を育ててみたいと思ったからです。人材を派遣し、お客様の会社を盛り上げていく業務をしていましたが、子供ができた事がキッカケで、自身が働いている会社自体を子供に誇りたいと思うようになりました。

そういった意味でも、今のエスキュ―ビズムはチャンスだと思っています。事業がどんどん拡大して行っているので、これから多くの社員を迎えようと思っており、みんなが働きやすくエスキュ―ビズムで働いていることをもっと誇れるように、人事として内部システムを整えようと思っています。

―経営層と現場、社外と社内のハブになる

入社前に読んだインタビューで、薮崎代表が答えていた、「いい組織を作りたい、会社が大きくなることや大きなサービスは、その後に付いてくるものだから」という信念にも共感しています。

やはり、いい組織というのは、社内で多くのコミュニケーションが取られており、考え方がポジティブな組織の事だと思っています。なので、中堅社員だけでなく、若手がもっと発信できるような場を作り、業務や会社内で生じた疑問をもっと経営者にぶつける場を設けて行きたいと思っています。

入社して僕が感じたのは、エスキュ―ビズム社員の1人1人のポテンシャルはとても高いモノを持っている方ばかりなので、よりコミュニケーションの場を増やすことで、爆発的により良い組織になるのではないかと思っています。

また社外という意味で求職者の方々にも、今のエスキュ―ビズムを丁寧に伝えていけたらと思っています。僕と面談をする機会がありましたら、是非ざっくばらんに腹を割って話をしましょう。エスキュービズムに対して思っている疑問や不安、希望などをこれでもか!というくらいに教えて下さい。
お互いにフランクにお話をしてわかり合えれば、皆さんとの出会いが良いものになると思っています。

関連記事

ページ上部へ戻る